アントニオ猪木、キラキラ衣裳で闘魂注入!「日本の政治もぶっ壊してほしい」

最新ニュース

『ロボット』アントニオ猪木闘魂注入イベント
  • 『ロボット』アントニオ猪木闘魂注入イベント
  • 『ロボット』アントニオ猪木闘魂注入イベント
  • 『ロボット』アントニオ猪木闘魂注入イベント
  • 『ロボット』アントニオ猪木闘魂注入イベント
映画大国・インド発、アメリカやイギリスなどで公開され興収100億円を超えるメガヒットを記録しているアクション大作『ロボット』の大ヒット祈願イベントが、5月10日(木)に都内にて開催。ゲストとして登壇した元プロレスラーのアントニオ猪木からおなじみの掛け声と共に、本作に闘魂が注入された。

インドが誇る“スーパースター”ラジニカーントを主演に迎え、国内史上最高額となる37億円の製作費をかけた国内史上最高のヒットを記録している本作。人間の女性に恋をしたロボットが、失恋の傷心から街で大暴走する姿を描いたラブロマンス・コメディ、さらにダンスにハリウッド最新VFX技術を駆使した奇想天外なアクションが展開する。

おなじみのリング入場曲で登場した猪木さんは、開口一番「元気ですか!」と集まった取材陣に闘魂を注入、試合さながらのテンションで会場は一気に熱気に包まれた。司会者にキラキラな銀色の衣裳について指摘されると「恥ずかしいんだよ…」と照れ笑いを見せる猪木さん。本作で暴走するロボットをすっかり気に入ったようで「いいですねぇ、日本の国の政治もぶっ壊してほしい」と不安定な日本政治の再生を願いつつエールを送った。

過去には力道山らとの数々の名勝負を経て、日本の国民的スターとなった猪木さん。インドの“スーパースター”であるラジニカーントについて聞かれると、「“カレー(彼)”は素敵」とインドにちなんだジョークも飛び出した。そして、最後に「1、2、3、ダーッ!」とおなじみの掛け声で映画に闘魂を注入。「迷わず行けよ、観れば分かるさ」と本作をPRし、イベントは興奮冷めやらぬうちに幕を閉じた。

『ロボット』は5月12日(土)より渋谷TOEIほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top