ジョニー・デップ、異例のファンサービス延長戦! イベント終了後に再びファンの元へ

最新ニュース

『ダーク・シャドウ』ジョニー・デップ&ティム・バートン監督来日@ジャパン・プレミア
  • 『ダーク・シャドウ』ジョニー・デップ&ティム・バートン監督来日@ジャパン・プレミア
  • 『ダーク・シャドウ』ジョニー・デップ&ティム・バートン監督来日@ジャパン・プレミア
  • 『ダーク・シャドウ』ジョニー・デップ&ティム・バートン監督来日@ジャパン・プレミア
  • 『ダーク・シャドウ』ジョニー・デップ&ティム・バートン監督来日@ジャパン・プレミア
  • 『ダーク・シャドウ』ジョニー・デップ&ティム・バートン監督来日@ジャパン・プレミア
  • 『ダーク・シャドウ』ジョニー・デップ&ティム・バートン監督来日@ジャパン・プレミア
  • 『ダーク・シャドウ』ジョニー・デップ&ティム・バートン監督来日@ジャパン・プレミア
  • 『ダーク・シャドウ』ジョニー・デップ&ティム・バートン監督来日@ジャパン・プレミア
ジョニー・デップ&ティム・バートンというハリウッドが誇るゴールデンコンビが、8度目のタッグを組んだ最新作『ダーク・シャドウ』を携えて来日! 5月12日(土)に都内で開催されたジャパン・プレミアに揃って出席した。

最初に会場に姿を現したのはバートン監督。レッドカーペットへ向かうかと思いきや、その脇で待機する残念ながらイベント会場に入ることができなかったファンの元へと赴きサイン、握手、ハイタッチのサービス。その最中にジョニーが登場すると会場はさらにヒートアップ! 破れかけたハットと薄いサングラスに羽根飾りのピアス、首には大量のアクセサリーを巻きつけた独特のスタイルのジョニーに悲鳴のような歓声が飛んだ。

ジョニーは関係者とガードマンに伴われてTVの取材を受けていたが、ひと区切りついたところですぐにバートン監督同様に会場外で待つファンの元へ。サインを求めるファンの願いに丁寧に応じ、小さな女の子の手を取って優しく語りかける姿も見られた。

本作のオリジナル作品は1969年代から70年代にかけて放送された人気ドラマ。魔女の呪いでヴァンパイアとなった男が、200年の時を経て1970年代に復活。落ちぶれた一族の再興に奮闘する。

ジョニーにとっては初のヴァンパイア役となったが、実は元々オリジナルとなったドラマのファンだったそうで「子供の頃から(役の)バーナバス・コリンズに憧れてマネしてたよ。今回、夢が叶ったし、一番大切な友人である監督と一緒に実現できて本当に嬉しい」と笑顔で語った。

バートン監督は「いつも温かい歓迎をありがとう!」と日本の熱烈なファンへの感謝を口にし、8回目となったジョニーとの仕事については「毎回、全然違う役柄なので全くの別人と仕事しているような気分なんだ」と語った。

バーナバスは2世紀もの時を越えて甦るが、もし可能ならジョニーが甦らせてみたい過去の人物は? という問いに、少し考え込んで「(画家の)ヴァン・ゴッホかな。ちょっと会ってみたいね」と意外な人物の名を挙げた。

監督は「家族とは奇妙なもの、人生とは奇異なものだけど、だからこそ愛すべきものなんです」と本作で伝えたいメッセージを呼びかけ、揃って劇中のバーナバスの決めポーズでプレミアイベントを締めくくった。

この後、2人は屋内の劇場での舞台挨拶に向かったが、時間の関係でサインや握手に応じられなかった屋外に残されたファンのために、舞台挨拶後に再び会場に戻ってくることを約束。一度会場を後にしたハリウッドスターが、ファンサービスのためだけに戻ってくるというのは異例中の異例の出来事。改めて何よりファンを大切にするというハリウッド最強コンビの哲学を見せつけた。

『ダーク・シャドウ』は5月19日(土)より丸の内ルーブルほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top