元SDN・芹那、27歳の抱負は恋活! AKB48にも「負けたくない!」と宣戦布告

最新ニュース

『バッド・ティーチャー』元SDN・芹那トークショー
  • 『バッド・ティーチャー』元SDN・芹那トークショー
  • 『バッド・ティーチャー』元SDN・芹那トークショー
  • 『バッド・ティーチャー』元SDN・芹那トークショー
  • 『バッド・ティーチャー』元SDN・芹那トークショー
  • 『バッド・ティーチャー』元SDN・芹那トークショー
キャメロン・ディアスとジャスティン・ティンバーレイクの元恋人同士の共演で話題を集める映画『バッド・ティーチャー』の公開を記念して、5月16日(水)、恋多き“肉食女子”アイドルを代表して元「SDN48」の芹那がトークショーに登壇。本作の公開日である5月19日(土)に迎える27歳の誕生日に向けての“恋活”宣言が飛び出した。

金なし、夢なし、熱意なしのナイナイ尽くしのアラサー女性教師・エリザベスが、ちょっとズレたイケメン・セレブの代理教師・スコットのハートを射止めるべく、豊胸手術の費用稼ぎに奔走する姿を描いたラブコメディ。

この日、芹那さんはキャメロン扮するセクシー教師・エリザベスを意識したという、高級靴ブランド「クリスチャン・ルブタン」製のピンクのハイヒールに美脚を大胆に見せるパンツスタイルで登場。大胆な行動を見せるエリザベスについて「何でも気持ちを素直に出す行動派で、観ていて気持ちよかったです。すっごくキュートで女性としても憧れます!」とその魅力を語った。また、大学時代は教師になりたかったと明かす芹那さん。生徒から告白されたらどうする? という質問には「恋のレクチャーもありかな(笑)」と“肉食系”全開のコメントで会場を沸かせた。

一方で、本作の公開日に迎える27歳の誕生日の予定を聞かれると「地元・北海道でミスチルのライヴがあるので、お仕事が入ってなければ行きたい」と恋多き女性らしからぬ答えが。さらに、恋のテクニックや今後のお相手についての質問が矢継ぎ早に飛んだが、のらりくらりと笑顔でかわすや、ついには限界を迎えたようで「恋多き女としていろんなイベントに出させていただくのですが、ここまで根掘り葉掘り聞かれることはないので、いつもは(恋人が)いるフリで頑張ってました」と“干物女”であることをカミングアウト。そして、「芸能界(の恋愛事情)でいろいろ大変な思いをされてる方がいらっしゃいますが、相手がいるだけ幸せですよ」と寂しげに呟き、「(私も)相手が欲しい!」、「27歳は恋活を頑張りたい」と高らかに宣言すると、会場からは励ましとも思える温かい(?)拍手が送られた。

ちなみに、最近夢中になっている男性は「高橋秀樹」だという芹那さん。恋敵として、元「SND48」のメンバーを始め「AKB48」など姉妹グループも含めた「全員に負けたくない!」と“肉食女子”らしい恋活への意欲を見せていた。

『バッド・ティーチャー』は5月19日(土)より渋谷HUMAXシネマほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top