【カンヌレポート】B・ウィリス&B・マーレイら、W・アンダーソン組集合で開幕!

最新ニュース

カンヌのオープニングを飾った『ムーンライズ・キングダム』(原題)一同 photo:Ayako Ishizu
  • カンヌのオープニングを飾った『ムーンライズ・キングダム』(原題)一同 photo:Ayako Ishizu
  • 『ムーンライズ・キングダム』(原題)の会見にて photo:Ayako Ishizu
  • 『ムーンライズ・キングダム』(原題)の会見にて photo:Ayako Ishizu
  • カンヌ映画祭審査員の会見にて photo:Ayako Ishizu
  • カンヌ映画祭審査員の会見にて photo:Ayako Ishizu
  • 第65回カンヌ国際映画祭でのレッドカーペットの様子 -(C) Kazuko WAKAYAMA
映画の祭典、カンヌ国際映画祭が5月16日、南仏カンヌで開幕した。第65回となる今年のオープニング作品は、カンヌには初登場となるウェス・アンダーソン監督の最新作『ムーンライズ・キングダム』(原題)。アンダーソン監督に加え、ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、ティルダ・スウィントンら主要キャストがレッドカーペットを飾った。

映画は、1965年のニューイングランドの小さな島を舞台に、ボーイスカウトのキャンプから逃避行をする12歳の少年と少女の恋と、彼らを取り巻く大人たちの混乱を描いた、いわばウェス版『小さな恋のメロディ』('71)といった趣。ウェス・アンダーソンは「僕が子供の頃、こんなことが起きてほしいと願っていたことを映画にしたんだ。それと、子供の頃に誰かを好きになる感覚をみんなに思い出してほしい、という気持ちも込めている」と、作品への思いを語った。

子供たちを捜す警察署長を演じるブルース・ウィリスは、ウェス作品には初出演。「ウェスの演出方法は独特で、とても新鮮な体験だったよ。映画の中ではいろんな事件が起きるけれど、これは愛についてのお話なんだ。誰もが、愛されたいし、愛されるべきなんだよ」と語った。

また、『ザ・ロイヤル・テネンバウムス』('01)、『ライフ・アクアティック』('05)ほかアンダーソンの全作品に出演しているビル・マーレイは、「アート映画と言われる映画だけど、ギャラは少なくて拘束時間は長い。ほかに稼げる仕事があるから、ウェスのためには奉仕できるんだよ」と語って笑わせた。

今年の審査委員長は、『息子の部屋』('01)でパルム・ドールを受賞しているナンニ・モレッティ。審査員は、ユアン・マクレガー、ダイアン・クルーガー、アレクサンダー・ペインといった映画人に、デザイナーのジャン=ポール・ゴルチエも加わり、総勢9名。27日まで世界の映画が青い空と海と共に、カンヌを彩る。



特集:第65回カンヌ国際映画祭
http://blog.cinemacafe.net/special/120510/
《photo / text:Ayako Ishizu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top