宮﨑あおい×向井理が初共演で夫婦役に! 「きいろいゾウ」映画化決定

最新ニュース

『きいろいゾウ』
  • 『きいろいゾウ』
ベストセラー作家・西加奈子の人気小説で、夫婦の大きな愛の物語を描いた「きいろいゾウ」の実写映画化が決定! 本作で主人公の夫婦役で宮﨑あおいと向井理が初共演を果たすことが明らかとなった。

片田舎の町に移り住んできた、天真爛漫な妻・利愛子(通称・ツマ)と売れない小説家の無辜歩(通称・ムコ)の夫婦の温かな日常、一通の手紙がきっかけで少しずつズレていく2人の想いを描いた本作。『余命1ヶ月の花嫁』『軽蔑』など男女の様々な愛の形を描き続ける廣木隆一監督が、互いへの大きな愛情ゆえにすれ違う、夫婦の切ない想いを繊細な描写で映し出す。

いまや日本映画界において若手俳優の中でも群を抜いた人気と実力を兼ね備えた宮﨑さんと向井さん。「本当に好きな原作だったので、お話をいただけたことがまず何よりも嬉しかったです。自分が26歳になってこの役ができる年齢になったんだなあということも改めて実感しました」(宮﨑さん)、「いろいろなところで好きな作品と言っていたので、お話をいただけて嬉しかったです」(向井さん)と共に原作の大ファンだったそうで、夫婦役はまさに運命を感じさせる。

また、2人は今回が初共演となるが、「話しやすい方ですし、すごくいい意味で“普通”だったんです(笑)。それがとても安心しましたし、ツマとムコを一緒に作っていく中で、きちんと2人の関係性を作り上げることができるなあと思いました」(宮﨑さん)、「実際お会いして顔合わせのときに宮﨑さんの髪型が前髪パッツンになっているのを見たときに、“ああ、ツマっぽいな”と思いました。一緒に作っていけたらいいなと思います」(向井さん)と、お互いに役を越えて心を寄せ合う様子がうかがえる。

『神様のカルテ』『ツレがうつになりまして。』など、夫を温かく見守る“妻”役が続く宮﨑さん。一方、向井さんもNHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」や連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」などで、夫婦役を演じることが多くなってきたが、柔和なイメージを放つ2人が演じる、新たな夫婦像とは? これまでの作品とはまた一味ちがう魅力が発見できるかも? 「(宮﨑)あおいちゃんと向井くんのいままで見たことのない表情や芝居を引き出せたら」と語る廣木監督の手腕に期待したい。

『きいろいゾウ』は2013年、新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top