日米“美の女王”! シャーリーズ・セロン&小雪が揃い踏み!

最新ニュース

『スノーホワイト』来日記者会見
  • 『スノーホワイト』来日記者会見
  • 『スノーホワイト』来日記者会見
  • 『スノーホワイト』来日記者会見
  • 『スノーホワイト』来日記者会見
  • 『スノーホワイト』来日記者会見
  • 『スノーホワイト』来日記者会見
グリム童話の名作「白雪姫」を、これまでにない解釈でアクションエンターテイメントに仕上げた映画『スノーホワイト』に、邪悪な女王・ラヴェンナ役で出演しているオスカー女優、シャーリーズ・セロンが来日。5月20日(日)に都内でレッドカーペットイベントが行われ、日本語吹替え版で同役の声を担当している小雪、同じく日本語吹替え版で参加している椎名桔平、ルパート・サンダース監督と共にレッドカーペットを歩いた。

シャーリーズの来日は2008年の『ハンコック』のプロモーションで訪れて以来。体にピッタリと密着した黒いセクシーなドレスで登場し、「また日本に戻って来られて嬉しいです。大好きなうどんを食べました」と親日家ぶりをのぞかせた。

小雪さんは「偉大な女優さんのアフレコということでプレッシャーはありました。喜怒哀楽の表現が激しくやりがいがあり、難しさを感じながらも楽しめました」と述懐。日米の美女と並んだ椎名さんは「横にいて楽しいです」と満面の笑みを浮かべていた。

翌朝に173年ぶりの金環日食が控えており、この機会を逃すと次回は300年後となってしまうのだが、シャーリーズはさすが“永遠の美”を求める女王様役とあって「私は次回見るから大丈夫よ(笑)」と余裕たっぷり。さらに天気予報が曇りだと知ると、「魔法で晴れにしてあげたいわね。任せといて!」と語り笑いを誘っていた。

サンダース監督は「日本にはファンタジーや叙事詩を受け入れてくれる土壌があると思います。この作品は大作でありつつ、感情面も細やかで強いストーリーとメッセージを持っています」と日本の観客に映画をアピール。シャーリーズも「誰もが知っている童話が全く違う形で語られているところに惚れ込みました。スケールが大きく、ビジュアルも素晴らしいです!」と誇らしげに語った。

『スノーホワイト』は6月15日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top