【カンヌレポート】デル・トロ、監督作を引っさげ終始ご機嫌な様子で披露

最新ニュース

『7 DIAS EN LA HABANA』会見@第65回カンヌ国際映画祭
  • 『7 DIAS EN LA HABANA』会見@第65回カンヌ国際映画祭
  • 『7 DIAS EN LA HABANA』会見@第65回カンヌ国際映画祭
  • 『7 DIAS EN LA HABANA』会見@第65回カンヌ国際映画祭
23日夜(現地時間)、カンヌ映画祭「ある視点」部門で、7人の監督によるハバナを舞台にしたオムニバス映画『7 DIAS EN LA HABANA』(原題)が上映され、ベニチオ・デル・トロ、エリア・スレイマン、ギャスパー・ノエ、エミール・クストリッツァらが舞台挨拶を行った。

監督のひとりとして登壇したデル・トロは「ここに立つことができて、本当に光栄です。楽しんで観てもらえれば」と挨拶は短かったが、終始ニコニコでご機嫌な様子だった。デル・トロは、ニューヨークからハバナの映画学校にやってきた若者(ジョシュ・ハッチャーソン)が酒を飲みすぎてハメを外すという、まるで本人を彷彿させるようなユーモアたっぷりのエピソードの作品を監督している。

また、エミール・クストリッツァは今回演出ではなく、本人役で出演している。「今日は舞台に上がる予定じゃなかったんだけど、いつもティエリー・フレモー(映画祭ディレクター)に、舞台に上げられちゃうんだよ。ハバナでの撮影はとても面白い経験だった」と語った。

客席には、同部門の審査委員長のティム・ロスの姿もあり、7人の監督の個性あふれるエピソードを楽しんでいる様子だった。

第65回カンヌ国際映画祭は、5月27日(現地時間)まで開催。



特集:第65回カンヌ国際映画祭
http://blog.cinemacafe.net/special/120510/

あなたが観たいのは?「カンヌ映画祭」投票
http://www.facebook.com/cinemacafenet/
《photo / text:Ayako Ishizu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top