【カンヌレポート】ザック・エフロン、ニコールとの恋に「全く年の差感じなかった」

最新ニュース

『The Paperboy』会見にて photo:Ayako Ishizu
  • 『The Paperboy』会見にて photo:Ayako Ishizu
  • 『The Paperboy』会見にて photo:Ayako Ishizu
  • 『The Paperboy』会見にて photo:Ayako Ishizu
カンヌ映画祭もいよいよ終盤。コンペティション部門で『プレシャス』のリー・ダニエルズ監督の『The Paperboy』(原題)が上映され、ニコール・キッドマン、ザック・エフロン、マシュー・マコノヒー、メイシー・グレイ、ジョン・キューザックらが会見を行った。

映画は、人種偏見の強い1969年の南部を舞台にしたミステリーで、殺人犯(ジョン・キューザック)の婚約者に扮するニコールと、彼女に恋してしまうザックの激しいラブシーンも話題を集めている。ニコールとの年の差を意識しないかと聞かれたザックは「そんなことは全く感じなかった。ニコールを始め、素晴らしい先輩たちと一緒に仕事ができて、本当に嬉しかった」と語った。

また、刑務所の面会室で、ジョン・キューザックに言われるがまま、エロティックな行為をするシーンに関してニコールは「全く恥ずかしいとは思わなかった。どんなにひどい男であっても、彼を拒絶できない彼女の行為としては当然だから」と、さすがの女優魂を見せた。



特集:第65回カンヌ国際映画祭
http://blog.cinemacafe.net/special/120510/

あなたが観たいのは?「カンヌ映画祭」投票
http://www.facebook.com/cinemacafenet/
《photo / text:Ayako Ishizu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top