【カンヌレポート】ミヒャエル・ハネケ、2本連続でパルム・ドール受賞!

最新ニュース

本年度パルム・ドールを受賞したミヒャエル・ハネケ監督 photo:Ayako Ishizu
  • 本年度パルム・ドールを受賞したミヒャエル・ハネケ監督 photo:Ayako Ishizu
  • 『The Hunt』マッツ・ミケルセン photo:Ayako Ishizu
27日夜(現地時間)、第65回カンヌ国際映画祭の授賞式が行われ、下馬評どおり、ミヒャエル・ハネケ監督(オーストリア)の『Amour』(=愛)がパルム・ドールに輝いた。

映画は、長年連れ添った老夫婦が愛に殉じる姿を描いており、『男と女』('66)のジャン=ルイ・トランティニャンと、『二十四時間の情事』('59)のエマニュエル・リヴァが、愛の美しさ、悲しさ、辛さを見事に体現。受賞会見でハネケ監督は、「私はロマンチストなのです」と語った。オーストリア出身のハネケ監督は『白いリボン』('09)に続く2本連続のパルム受賞という快挙。また、審査委員長のナンニ・モレッティは、「この作品の栄誉は、ジャン=ルイとエマニュエルに対してのものでもあります」とフランスの名優2人を称えた。

男優賞にはデンマーク作品『The Hunt』(原題)のマッツ・ミケルセンが選ばれ、マッツは「全く予想だにしていなかったので、本当に驚き、感激している。この賞の90パーセントは監督のトマス・ヴィンターベアのおかげです」と語った。『007/カジノ・ロワイヤル』の悪役ル・シッフルで名を馳せたマッツは本作で、幼児虐待の噂を立てられ現代の魔女狩りに遭ってしまう幼稚園教師を演じている。審査員のユアン・マクレガーは「繊細で美しい演技。彼を通して僕たちはキャラクターと物語にコンタクトすることができる」と、マッツの演技を称賛した。

批評家たちに評判の高かったレオス・カラックス監督(フランス)の『Holy Motors』(原題)が無冠に終わり、賛否両論だった『Post Tenebras Lux』(原題)のカルロス・レイガダス監督が監督賞に輝いたことに対して質問されたモレッティは「カラックスとレイガダスの作品は、審査員の間でも最も意見が分かれた。そのうちの一つが受賞し、一つが逃したということだ」と語った。

映画への愛を奇想天外な形で見せた『Holy Motors』が受賞を逃したことはとても残念だが、それ以外はほぼ妥当な結果となった。

主な受賞結果は以下の通り。

パルム・ドール(最高賞):ミヒャエル・ハネケ監督『Amour』(愛)
グランプリ:マッテオ・ガローネ監督『Reality』(現実)
監督賞:カルロス・レイガダス監督『Post Te nebras Lux』(闇の後の光)
審査員賞:ケン・ローチ監督『The Angels' Share』(天使の取り分)
男優賞:マッツ・ミケルセン(『The Hunt』<狩り>)
女優賞:コスミナ・ストラタン、クリスティーナ・フルトゥ(『Beyond the Hills』<丘の向こうで>)
脚本賞:クリスティアン・ムンジウ(『Beyond the Hills』



特集:第65回カンヌ国際映画祭
http://blog.cinemacafe.net/special/120510/
《photo / text:Ayako Ishizu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top