【カンヌレポート】日本代表・若松孝二&井浦新、カンヌへの特別な思い語る

最新ニュース

『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』若松監督、井浦新、満島真之介 photo:Ayako Ishizu
  • 『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』若松監督、井浦新、満島真之介 photo:Ayako Ishizu
  • 『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』若松監督、井浦新、満島真之介 photo:Ayako Ishizu
日本映画が少なかった今年のカンヌだが、「ある視点」部門で、若松孝二監督の『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』が上映され、若松監督と井浦新、満島真之介が喝采を浴びた。

作家・三島由紀夫を演じた井浦さんは、同部門で上映された『空気人形』以来、4年ぶりのカンヌとなる。
「とても感慨深いです。4年前は、僕を役者の世界に引っ張ってくださった是枝監督に、そして今回は若松監督に連れてきていただいた。若松監督は『お前は役者の道に突き進め』と背中を押してくれた監督です。特別な思いがします。いわば役者として生みの親と、育ての親のおふたりの映画で、カンヌに来ることができるなんて」と、カンヌへの特別な思いを語った。

若松監督は海外プレスから、多くのインタビューを受けた。「海外の記者のほとんどから『なぜいま、三島由紀夫か?』と聞かれた。連合赤軍の映画(『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』)をやったら、三島さんも描かなければならない。左翼も右翼もあまり関係なくて、あの頃の若者はみんな声をあげていた。両方とも日本を憂いていて、体を張って何かを変えたいという思いがあったと思うんです。腹を切ろうなんて、現代では絶対出来ないこと。僕には出来ないことだから、映画にしたかった。自分でやれるなら、映画なんて撮ってないですよ」と語った。

満島真之介さんは、満島ひかりさんの実弟。仲がとても良いというお姉さんへどう伝えるかという質問に「レッドカーペットは気持ち良かったよ、と言いたいです(笑)。芝居というより、どういう風に生きて、死んでいくのかを常に考えているような姉弟なので、帰ったらゆっくり報告したい」と答えた。

上映後にはフランス人女性が若松監督に駆け寄り、「美しい映画をありがとう」と涙ながらに感激を伝える姿も。若松監督の描く三島と若者たちの姿は、カンヌに強い印象を残した。

『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』は6月2日(土)より全国にて公開。



特集:第65回カンヌ国際映画祭
http://blog.cinemacafe.net/special/120510/
《text:Ayako Ishizu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top