本国スタッフも大絶賛! 『メリダとおそろしの森』エンディングソングに坂本美雨決定

最新ニュース

『メリダとおそろしの森』 -(C) Disney/Pixar All Rights Reserved.
  • 『メリダとおそろしの森』 -(C) Disney/Pixar All Rights Reserved.
『カールじいさんの空飛ぶ家』などの傑作アニメを手がけるディズニー/ピクサーが初めて女性を主人公にして描いた注目のファンタジー・アニメーション『メリダとおそろしの森』。このたび、本作の日本版エンディングソングをミュージシャン・坂本美雨が担当することが明らかとなった。

自由を愛するあまり王家の伝統を疎ましく思う王女・メリダはある日、怪しげな鬼火に導かれ、森の魔女の元へと辿り着く。メリダは「自分の運命を変えてほしい」と懇願するが、太古より人間が森の魔法を使うことはタブーとされていた。魔女が呪文を唱えたとき、恐るべき呪いが王国にかけられてしまう——。

坂本さんが手がける本作の日本語版エンディングソング「いにしえの子守歌」は、メリダと母親の王妃・エリノアが2人で歌う子守歌をイメージして作られた。森の魔法のせいで熊に姿を変えられたエリノアと、母親を助けようとするメリダがお互いの絆を確かめ合う、重要なシーンでもこの曲が使用されている。大きな愛で娘を包み込む母親の温かな気持ちを表現した歌詞を、母親と娘、両方の役柄を演じながら坂本さんがクリアな歌声で歌い上げる。

“教授”の愛称で親しまれる「YMO」の坂本龍一を父に、矢野顕子さんを母に持ち、ミュージシャンとして幅広く活躍する坂本さんがハリウッド映画の曲を歌うのは今回が初めて。『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』が大好きで、ピクサー映画やピクサーの物作りを以前から尊敬しているということで、「大好きなディズニー/ピクサー映画にこういった形で関われることが何よりも嬉しいし、歌手になってから子守歌を歌いたいとずっと思っていた」と喜びを隠せない様子。収録の際には「懐かしい景色や匂いが蘇る美しい曲。愛しい人を一心に想う気持ちで歌いました」といい、「無邪気な子供に戻った気持ちと見守る母の気持ちの歌い分けは、子供になった自分とのデュエットという不思議な体験でした」と新たな境地をふり返った。実際、母と子を歌い分けたその歌声は実の母である矢野顕子譲りの伸びやかで神秘的、それでいてコケティッシュな魅力を放ち、まるで本物の親子デュエットのようにも聴こえる。

透き通るような歌声で紡がれる“母と娘”の愛情。坂本さんの曲を聴いた本国・アメリカのディズニー/ピクサーの音楽担当責任者も大絶賛したという、その神秘的な歌声が作品にさらなる深みを与えてくれることだろう。

『メリダとおそろしの森』は7月21日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top