『アフタースクール』のタッグ再び 堺雅人主演『鍵泥棒のメソッド』上海映画祭出品へ

最新ニュース

『鍵泥棒のメソッド』 -(C) 2012「鍵泥棒のメソッド」製作委員会
  • 『鍵泥棒のメソッド』 -(C) 2012「鍵泥棒のメソッド」製作委員会
『運命じゃない人』、『アフタースクール』の内田けんじ監督最新作『鍵泥棒のメソッド』がこのたび6月16日(土)より開催される上海国際映画祭のコンペティション部門に選出され、上映されることが決定した。

銭湯で転倒した拍子に頭を強打し、記憶を失った伝説の殺し屋・コンドウ。偶然その場に居合わせた売れない貧乏役者・桜井は、出来心からロッカーの鍵をすり替え、彼になりすましてしまう。桜井は男に来た大金の絡んだ危ない依頼を受けてしまい大ピンチに。一方、記憶を失い自分を桜井だと思い込んでいるコンドウは、役者として成功することを目指し始める——。

売れない貧乏役者と記憶を失った殺し屋、2人の人生が入れ替わったことで起こるドタバタ劇を描く本作。主演の堺さん、香川さんを始め、広末涼子、荒川良々、森口瑤子といった個性豊かな演技派俳優陣が顔を揃える。本作が選出された上海国際映画祭は、1993年にスタートした比較的新しい映画祭でありながら、アジア最大規模のマーケットである中国の勢いに乗り、年々その規模が大きくなっている注目の映画祭のひとつ。今年のコンペティション部門に出品されたスペイン、インド、デンマーク、フランス、フィンランドなど世界中から選ばれた17作品は、最優秀作品賞にあたる金爵奨(ジンジュエ賞)をかけて競い合うこととなる。

笑いにサスペンス要素、そしてトキメキと映画の醍醐味全てが詰まった“喜劇”として注目される本作。『運命じゃない人』でカンヌを沸かせた内田けんじ監督の待望の最新作とあって、上海でどのように迎えられるのか期待がかかる。6月16日(土)に華々しいオープニングセレモニーと共に開幕する上海国際映画祭は、6月24日(日)まで開催される。

『鍵泥棒のメソッド』は9月15日(土)よりシネクイントほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top