“センター返り咲き”大島優子、この夏出演作2本公開で女優としても躍進!

最新ニュース

「第4回AKB48選抜総選挙」の開票イベント“ファンが選ぶ64議席”
  • 「第4回AKB48選抜総選挙」の開票イベント“ファンが選ぶ64議席”
  • 「第4回AKB48選抜総選挙」の開票イベント“ファンが選ぶ64議席”
  • 「第4回AKB48選抜総選挙」の開票イベント“ファンが選ぶ64議席”
  • 「第4回AKB48選抜総選挙」の開票イベント“ファンが選ぶ64議席”
  • 「第4回AKB48選抜総選挙」の開票イベント“ファンが選ぶ64議席”
人気アイドルグループ「AKB48」が6月6日(水)、27枚目となるシングル(8月29日リリース)を歌う選抜メンバーを選出する「第4回AKB48選抜総選挙」の開票イベント「ファンが選ぶ64議席」が東京・九段下の日本武道館で行われた。出馬したのはAKB48(88名)、SKE48(64名)、NMB48(64名)、HKT48(21名)の総勢237名。その頂点に立ったのは、昨年2位に甘んじた大島優子だった。2010年以来のセンター返り咲きに「この景色をもう一度見たかったんです」と涙ながらに喜びを語った。

そんな大島さんが出演する映画『メリダとおそろしの森』『闇金ウシジマくん』が、この夏相次いで公開される。『メリダとおそろしの森』(7月21日公開)はディズニー/ピクサーが初めて女性を主人公にして描いた注目のファンタジー・アニメーションで、大島さんは主人公・メリダの日本語版吹き替えを担当している。ハリウッド映画の声優に初挑戦で「これからどんな風に演じていこうかと、いまからワクワクすると共に緊張もしています」と武者震い。

そして『闇金ウシジマくん』(8月25日公開)では、母親の借金を肩代わりしたことで、山田孝之演じるウシジマから身も凍る取り立てを受け、追いつめられていくヒロインを体当たりで熱演。金のために時間を切り売りする“欲望の世界”に足を踏み入れ、闇金の恐怖を実感する役どころに「人が目を背けてしまうような題材に真っ正面から挑む姿勢がカッコいい」と決意をにじませている。

こうした女優としての“躍進”に対し、ファンからは「AKB48を卒業してしまうのでは?」と心配の声が上がっているのも事実。盟友であり、昨年主演を務めた『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』で第21回日本映画批評家大賞の新人賞を受賞した前田敦子の“グループ卒業宣言”を機に、その憶測は加速し、大島さん本人が卒業を否定することもたびたびだった。

開票後、取材に応じた大島さんは「これからも全力でやらせていただきます。AKBに限界はないし、ここからがスタート」とAKB48からの卒業を改めて否定。この日唯一の“10万票超え”に「ファンのみなさん、頑張りすぎだなと思いましたが、ありがたいです。私をセンターにしたいという気持ちからの行動だと思うので、ありがたく受け取りたい」とファンへの感謝も忘れなかった。

この夏は、前田さんが出演する『苦役列車』(7月14日公開/山下敦弘監督)も控えており、映画ファンにとっては大島さんと前田さんの“新旧センター”によるスクリーン上での切磋琢磨にも期待がかかる。

AKB48第4回選抜総選挙 投票結果>
(※以下、選抜メンバー16人が27thシングルを歌う)

第1位 大島優子 108,837票(昨年第2位)
第2位 渡辺麻友 72,574票(昨年第5位)
第3位 柏木由紀 71,076票(昨年第3位)
第4位 指原莉乃 67,339票(昨年第9位)
第5位 篠田麻里子 67,017票(昨年第4位)
第6位 高橋みなみ 65,480票(昨年第7位)
第7位 小嶋陽菜 54,483票(昨年第6位)
第8位 板野友美 50,483票(昨年第8位)
第9位 松井珠理奈 45,747票(昨年第14位)
第10位 松井玲奈 42,030票(昨年第10位)
第11位 宮澤佐江 40,261票(昨年第11位)
第12位 河西智美 27,005票(昨年第16位)
第13位 北原里英 26,531票(昨年第13位)
第14位 峯岸みなみ 26,038票(昨年第15位)
第15位 横山由依 25,541票(昨年第19位)
第16位 梅田彩佳 24,522票(昨年第22位)
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top