阿部寛、不貞の妻を愛しぬく男に…22人の男女の愛が絡みあう『つやのよる』公開!

最新ニュース

『つやのよる』主演に抜擢された阿部寛
  • 『つやのよる』主演に抜擢された阿部寛
これまで不貞な夫に悩まされる妻の愛と苦悩を描いた作品は数多くあったが、その逆はどうだろうか? 奔放な一人の女をめぐる、男と女が織り成す恋と性の物語を綴った直木賞女流作家・井上荒野(いのうえあれの)の傑作恋愛小説「つやのよる」がこのほど、行定勲監督の手で映画化決定! 豪華キャストが集結する本作で、不貞の妻に振り回されながらも愛に生きる主人公を阿部寛が演じる。

原作は、「切羽へ」で直木賞を受賞し、多くの女性ファンをもつ女流作家・井上荒野が2010年に発表した恋愛小説。妻・艶の度々の不貞に悩まされてきた男・松生だが、そんな妻が癌に冒され、昏睡状態に陥ってしまった。何度裏切られても献身的に妻を愛してきた男にある考えがひらめく。それは、艶が関係を持った男たちに、彼女の死を知らせるということ。だが、艶という女性の危篤を知らされた夫の、恋人の、父のそれぞれの様子から艶との肉体関係に感づいてしまった女たちは、突然自分たちの人生に割り込んできた一人の女性の存在に困惑。よく知っているはずの「男」が自分の知らない顔を見せたとき、彼女たちは「自分の男」を見つめ直すのである…。

艶をめぐる22人の男と女を豪華キャストが演じる恋愛群像劇となる本作で、愛に生きる男・松生を演じる阿部さん。近々の主演作では、『麒麟の翼』の刑事役や『テルマエ・ロマエ』の古代ローマ人など個性が際立つ役が続いたが、180度異なる役への挑戦に「いままでやったことがない世界観の作品を存分に味わいたい。行定監督の妥協せず、真面目に作品に取り組む、その世界にどっぷり浸かって楽しみたい」と意気込み十分。

一方、『春の雪』や『今度は愛妻家』など恋愛映画を得意とする行定監督は、阿部さんの主役抜擢について「原作を読んだときに阿部寛さんのことが頭をよぎりました。不貞を犯す妻を真面目に実直に愛する姿がぴったりだと思ったからです」。「実際にお会いした阿部さんの印象はまさに私の思い描いていた通りでした。阿部さんの醸し出すユーモアが大好きです。それがこの映画のエッセンスになればいいなと思っています」とラブコールを贈る。

阿部さんが見せる愛のかたち、女が見る愛のかたちとは——。“艶男”と“艶女”たちが魅せる新たな恋愛劇に期待!

6月から撮影を開始している本作は、7月中旬まで撮影を行い、10月に完成を予定している。

『つやのよる』は2013年新春、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top