岩井俊二が描くヴァンパイアの“純愛”に酔う 『ヴァンパイア』予告編解禁!

最新ニュース

『ヴァンパイア』 -(C) 2011 Rockwell Eyes, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ヴァンパイア』 -(C) 2011 Rockwell Eyes, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ヴァンパイア』 -(C) 2011 Rockwell Eyes, Inc. All Rights Reserved.
『リリイ・シュシュのすべて』、『花とアリス』の岩井俊二監督が脚本・監督・音楽・撮影・編集・プロデュースと1人6役を務め、8年ぶりの長編映画として贈る『ヴァンパイア』。9月の日本公開に先駆けて、このたび本作の全貌を掴む手がかりとなる予告編とポスター・ビジュアルが解禁となった。

仕事熱心で認知症の母を介護する高校の生物教師・サイモンは、まじめそうな外見とは裏腹に、若い女性の血を飲みたいという欲求を抑えられずにいた。そこでサイモンは血を求めて自殺サイトを徘徊し、自殺志願者の娘たちを言葉巧みに誘い出すのだが…。

第34回サンダンス映画祭や第61回ベルリン国際映画祭を始めとする各国の映画祭に出品され、「岩井俊二は日本語以外でもその作家性を見せつけた」と高く評価された本作。『シーズ・オール・ザット』のレイチェル・リー・クックやいまハリウッドで注目を集めている個性派若手キャストに加え、唯一の日本人キャストである蒼井優との再タッグも話題を呼んだが、本作は俗に言う“ヴァンパイア映画”とは一線を画す。岩井監督が描き出すのは、「死にたい少女たち」の血を求めて彼女たちに寄り添ううちに、次第に彼女たちへの思いがピュアな愛へと昇華していく一風変わったヴァンパイアの“純愛物語”である。血を求める主人公・サイモンの行動は異常ながらも、その行動にどこか儚さと美しさを感じさせるのは岩井監督ならではの映像の美しさと、それを彩る音楽があってこそ。予告編には見事な“表情の演技”を見せる蒼井さんの姿も映し出されているのでご注目。

そして、ポスターには「惹かれあう孤独な魂たち この世の果ての恋物語」という文字。この普通ではない“恋”の行き着く先とは? まずはこちらの予告編から、切なくも美しい“岩井ワールド”を一足先に体感してみては?

『ヴァンパイア』は9月15日(土)よりシネマライズほか全国にて公開。

※こちらの映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top