今シーズンのトレンドは“将軍様”に聞け! 『ディクテーター』で学ぶ最旬スタイル

最新ニュース

『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』
  • 『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』
サシャ・バロン・コーエンが“将軍様”に扮してまたもや珍騒動を巻き起こす爆笑コメディ『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』。実は、本作に登場するサシャことアラジーン将軍が身に纏う華麗なる軍服コレクションに、今シーズン取り入れたい、最新ファッショントレンドのヒントが散りばめられているという。

自由の国・アメリカを舞台に、サシャ扮する身元不明となった“ワディヤ共和国”の独裁者・アラジーン将軍に襲いかかる人生最大の試練と恋を描く本作。これまで映画祭で賑わうカンヌの海上に颯爽とクルーズで現われて豪遊したり、愛すべきラクダの“オサマ”に乗ってカンヌやニューヨークの街に繰り出すといったやりたい放題の将軍様のパフォーマンスばかりが取り沙汰されてきたが、いま密かに注目されているのは、彼の抜群のファッションセンス! 将軍様が登場した各地でのイベントでのファッションに目を向けると、まずドイツ・ケルンでのプレミアイベントでは、2012年春夏シーズンを代表するトレンド“シャーベットカラー”をしっかりマーク。「ルイ・ヴィトン」や「プラダ」など、多くの有名ブランドが今シーズンはパステルカラーを用いたラインを展開しており、その中でもブルーやグリーン、パープルといったアイスシャーベットのような清涼感あふれる寒色系の色味に注目が集まっているが、この日アラジーン将軍はチョイスしたのはパステルブルーの軍服。可愛らしさの中にも洗練された気品を漂わせ、クールでエレガントな大人の雰囲気を醸し出していた。さらに注目したいのは、右肩から左腰に掛けたオレンジの大綬章。今年のトレンドカラーの一つでもある“ネオンカラー”のオレンジを、大胆にもシャーベットカラーの差し色として取り入れるあたりは、ワンランク上の上級テクニックとしてぜひ真似したいところ。

次の訪問先として訪れたロンドンでは、全身白で統一した軍服姿を披露。春夏の人気カラーとして毎シーズン人気が集まる白だが、今シーズンは「ニナリッチ」や「ヘルムート ラング」、また「コム・デ・ギャルソン」を始めとした多くのブランドが全身白一色のコーディネートを展開しており、特に混じり気のない“ピュアホワイト”がトレンドカラーの大本命とも言われている。少しハードルが高そうな全身白のコーディネートだが、着こなしのポイントさえ押さえれば、最強のコーディネートとなることをアラジーン将軍が証明してくれている。

そして世界ツアーのフィナーレを飾るロンドン・ワールドプレミアイベントには、白一色から一変、全身黒の軍服姿で登場したアラジーン将軍。その左手にはゴールドのピストルが輝いており、2012年秋冬のトレンドと言われているブラック&ゴールドをいち早く取り入れたスタイルを披露した。その装いはシックでモダン、ラグジュアリーでコンテンポラリー。まさにカリスマ的な威力をもつ“世界一キケンな独裁者”のファッションの真骨頂と言えるだろう。

この見事な色使いの3スタイルだけでも、アラジーン将軍のファッションセンスの高さがお分かりいただけるはず。今年は軍服ファッションの流行の予感も…? 

『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』は9月7日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top