堺&広末に続き、『苦役列車』森山未來&山下監督登場に上海大喝采!

最新ニュース

『苦役列車』ワールド・プレミア in 上海映画祭(森山未來&山下敦弘監督)
  • 『苦役列車』ワールド・プレミア in 上海映画祭(森山未來&山下敦弘監督)
  • 『苦役列車』ワールド・プレミア in 上海映画祭(森山未來&山下敦弘監督)
  • 『苦役列車』ワールド・プレミア in 上海映画祭(森山未來&山下敦弘監督)
第144回芥川賞受賞作に輝いた西村賢太の自伝的小説を森山未來主演で映画化した今夏注目の1本『苦役列車』。そのワールド・プレミアが現在開催中の第15回上海国際映画祭にて6月19日に行われ、森山さんと山下敦弘監督が舞台挨拶に登壇し、喝采を浴びた。

稼いだ分だけ酒と風俗に金を遣い、読書が唯一の趣味という見事なダメ男・貫多の破天荒な青春を描く本作。森山さん演じる主人公・貫多の友人役の高良健吾やヒロインを演じる「AKB48」の前田敦子の出演でも話題を集めている。

上海国際映画祭では先日、『鍵泥棒のメソッド』がコンペティション部門で上映され、主演の堺雅人と広末涼子が大歓声を浴び、そのあまりの人気ぶりに会場は一時混乱するほどの盛況ぶりを見せたが、『苦役列車』もそれに負けず劣らず上海の映画ファンたちの熱狂をもって迎えられ、森山さんと山下監督は登壇すると会場は大歓声に包まれた。

同映画祭の「オフィシャル・セレクション」作品として、ティム・バートンやキム・キドクといった巨匠たちの作品と並んで上映されるということで、さぞや緊張の舞台挨拶になるかと思いきや、中国語で挨拶するなど余裕の表情を見せた森山さんと山下監督。森山さんは「北町貫多という男が、登場人物一人一人と出会っていき、不協和音が重なっていく、その山下ワールドの面白さが上海のお客さんにも伝わっていたと思う」と、観客たちの好感触に大満足の様子。山下監督も「上映を一緒に観ていて上海のお客さんの笑うところなど、反応がとても面白かった」と、日本人観客とのリアクションの違いを楽しんでいたよう。

上映終了後、観客からは「この物語がこの後どうやって発展していくのかを上海の人たちにもう一度見せてほしいです」(20代・男性)といった続編を期待する声や「高良さんの大ファンです、格好良かった!」(20代・女性)と登壇した森山さんではなく高良さんへのラブコールが贈られた。

『苦役列車』は7月14日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top