阿部サダヲ、佐々木希の告白に大テレしつつ自身の全裸シーンを警告!

最新ニュース

『ぱいかじ南海作戦』完成披露試写会
  • 『ぱいかじ南海作戦』完成披露試写会
  • 『ぱいかじ南海作戦』完成披露試写会
  • 『ぱいかじ南海作戦』完成披露試写会
  • 『ぱいかじ南海作戦』完成披露試写会
  • 『ぱいかじ南海作戦』完成披露試写会
  • 『ぱいかじ南海作戦』完成披露試写会
  • 『ぱいかじ南海作戦』完成披露試写会
椎名誠の同名小説を映画化した『ぱいかじ南海作戦』の完成披露試写会が6月21日(木)、都内で開催され、主演の阿部サダヲを始め永山絢斗、貫地谷しほり、佐々木希に細川徹監督が舞台挨拶に登壇した。

失業と離婚を同時に迎えた男性(阿部さん)が、旅先の南の島で怪しいホームレス4人組に騙され、持ち物を全て奪われてサバイバル生活を強いられることに。旅人の若者(永山さん)や関西弁の女子2人組(貫地谷さん&佐々木さん)などが加わり共同生活を送る中で、ホームレス4人組に復讐するチャンスが巡ってくるのだが…。

撮影は全編、沖縄の離島・西表島で行われたが、阿部さんは映画に協力してくれた地元の人々とかなり仲良くなったそうで、いまでも交流が続いているとか。「昼ごはんや映画の中の料理を作ってくださったり、親睦会を開いてくださいました。子供たちが『マルマル、モリモリ…』をやったりして『阿部さんも上がんなきゃ』って言われてステージに上がりました。おうちに行って鍋をごちそうになったりもしました」と明かした。

永山さんは好きなシーンとして「一度やってみたかった(笑)」と砂浜での阿部さんとの巨大棒倒しのシーンをチョイス。最初は砂が乾いていたため、すぐに棒が倒れてしまう状態だったが、スコールのおかげで地面が固まり、なかなか倒れない状態になってしまったそうで、一発勝負の本番で阿部さんと永山さんが数分にわたって奮闘するハメに…。「阿部さんのドロップキックが決まってます」と笑顔で明かした。

貫地谷さんによると、待ち時間はみんなでヤドカリを眺めて、のんびり過ごしていたとか。「絢斗くんと希ちゃんが大量にとってきたので観察してました。貴重な体験でした」とニッコリ。阿部さんも「ヤドカリの引っ越しが見れるんですよ!」と熱弁するも、監督から「ヤドカリの話はいいですから! 貫地谷さん、いま映画の話全くしてない(苦笑)」とストップがかかり、会場は笑いに包まれた。

佐々木さんは以前よりことあるごとに好きな芸能人として阿部さんの名を挙げていたが、ついに念願叶って共演を果たした。「始まるまで緊張して『どんな方なんだろう?』と妄想してました。イメージではもっと暗い人かと思ってたら(笑)、とても気さくでますます好きになりました。大好きです!」と公衆の面前で愛の告白。撮影時にそのことを知った阿部さんは佐々木さんとまともに口がきけなくなるほど照れていたそうだが、この日も体をくねらせながら「顔が見れない」と照れ笑いを浮かべていた。

そんな阿部さんだが、舞台挨拶終了が近づくと「みなさんに言っておかないといけないことがある」と前置きし、劇中で自身が裸を披露していることを告白。「舞い上がって全裸になるので気をつけてください! 決して『ヘルタースケルター』に対抗したわけではなくて、テンションが上がって真っ裸になっちゃったんです」と沢尻エリカの大胆シーンが話題を呼んでいるライバル作(?)の名を挙げて、言い訳を交えつつ“警告”。会場は笑いに包まれた。

『ぱいかじ南海作戦』は7月14日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top