松田龍平、原田芳雄との思い出を述懐「親父に近いものを感じてた」

最新ニュース

『ナイン・ソウルズ』初日舞台挨拶
  • 『ナイン・ソウルズ』初日舞台挨拶
  • 『ナイン・ソウルズ』初日舞台挨拶
  • 『ナイン・ソウルズ』初日舞台挨拶
  • 『ナイン・ソウルズ』初日舞台挨拶
  • 『ナイン・ソウルズ』初日舞台挨拶
2003年に公開された豊田利晃監督の『ナイン・ソウルズ』のニュープリント版が6月23日(土)に公開初日を迎え、豊田監督と松田龍平が舞台挨拶に登壇。本作の主演で、昨年この世を去った原田芳雄との思い出など当時をふり返った。

刑務所から脱走した9人の男たちがある目的のために旅を続ける過程で生きる意味を見つめ直していく姿を描いた本作。『ポルノスター』で鮮烈なデビューを果たし、本作が長編4作目となった豊田監督にとって「全てを出し尽くそう」と考えて手がけた作品だったという。

監督は、最近見た夢に主演を務めた原田さんが出てきたことを告白。「ウナギの骨をかじって『来るのが遅い』って(笑)。9年前の7月19日に公開されたんですが、7月19日は芳雄さんの命日なんです。(ニュープリント版の公開は)芳雄さんが仕掛けてるのかなと思います」と少し寂しそうに語った。

松田さんは当時、まだ10代で9人のメインキャストの中で最年少。「僕だけ10代で、(年齢が)倍くらい上の人たちと一緒にいました。(自身が演じた)未散に繋がる状態で現場にいましたね」と懐かしそうに述懐する。当時は若かったこともあり、あまり周囲の共演陣と言葉を交わすこともなかったそうで「(弟役の)瑛太が出てくるところで、憎しみ合う役なんですが、アイツとは年が近いので、一緒のときはホッとしましたね」と明かした。

そんな中で松田さんは、亡き父・松田優作の盟友でもあった原田さんから誕生日プレゼントをもらったとか。「『車やるよ』って言われて『マジで?』と思ったら赤いフェラーリの模型でした(笑)。いまも持ってますよ」とニヤリ。「どこかで親父に近いものを感じてました。その頃は特に一緒に仕事する方から親父に近いものを感じたかったんですが、その中でも芳雄さんは特別でした」と当時を思い返した。

監督は「芳雄さんは現場に木刀を持ってやって来ました。僕も負けちゃいけないと次の日から木刀を持っていき、それ以来、現場に木刀を持っていくようになりました」とエピソードを明かす。監督という立場から「アウトローの芳雄さんが見たくて、現場でも口をきかずケンカ態勢でやった映画です。かなり芳雄さんを追い込んだつもりで終わった後に『勝てた』と思ってたけど、芳雄さんがインタビューで『俺はまた一から始めないと』と言ってたのを見て『負けたんじゃないか。器がデカい!』と思いました」と語り、故人を偲んだ。

『ナイン・ソウルズ』は渋谷ユーロスペースにて公開中。なお、豊田監督の最新作で松田さんも出演する『I'M FLASH!』も9月1日(土)よりテアトル新宿、ユーロスペースほかにて公開となる。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top