『ジュラシック・パーク4』脚本家は、『猿の惑星:創世記』コンビに決定!

最新ニュース

スティーブン・スピルバーグ
  • スティーブン・スピルバーグ
大ヒットアドベンチャーシリーズ『ジュラシック・パーク』の最新作にして第4作目となる『Jurassic Park IV』(原題)の脚本家がこのほど決まった。『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の脚本家コンビであるリック・ジャファとアマンダ・シルヴァーが、ユニバーサル・ピクチャーズにより同作の脚本家に起用されたようだ。

同シリーズの第1作と第2作を監督したスティーヴン・スピルバーグは今回もメガホンを取ることはないと明言しており、一方、スティーヴンの製作パートナーであり本作にも関わっているキャスリン・ケネディは昨年末、最新作では脚本が最も重要な要素であると強調していた。

「『Jurassic Park IV』(原題)をやるためには、素晴らしい脚本が必要なのよ。私たちは観客の立場になって、自分たちに高い目標を掲げているの。映画を作る理由なしに、最新作を手がけたくないわ。『ジュラシック・パーク』をシリーズ化するつもりは本来無かったから、ある意味ジレンマなのよ。だって必ず『なんで『Jurassic Park IV』(原題)を作るんだい?』っていう議論がなされるんだもの。そういうわけだから、『Jurassic Park IV』(原題)を製作するための良い理由を探さないといけないのよ。いま、その作業に取り掛かっているわ」。同作の公開予定日はまだ未定となっている。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top