乃南アサの直木賞受賞作が韓国で映画化! ソン・ガンホ主演『凍える牙』ポスター解禁

最新ニュース

『凍える牙』 -(C) 2012 CJ E&M CORPORATION & UNITED PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『凍える牙』 -(C) 2012 CJ E&M CORPORATION & UNITED PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『凍える牙』 -(C) 2012 CJ E&M CORPORATION & UNITED PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『凍える牙』 -(C) 2012 CJ E&M CORPORATION & UNITED PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED.
第115回直木賞を受賞し、シリーズ累計230万部を記録した乃南アサによるベストセラー小説「凍える牙」(新潮文庫刊)。韓国映画界が総力を結集して本作を映像化した同名クライム・サスペンス『凍える牙』の日本での公開がこのたび決定! 緊迫感あふれる本作のポスター・ビジュアルが公開となった。

ある日突然、男の身体が発火、炎上する事件が発生。しかもその遺体には獣の咬傷が残されていた。この捜査に当たることになったのは、昇進を逃し続けてきた殺人課の刑事・サンギルと新米女性刑事のウニョン。やがて、同じ獣による咬殺事件が続発し、手掛かりを追うごとに、哀しみの連鎖が謎に包まれた連続殺人事件の闇を深めていく——。

謎の発火事件、“ウルフドッグ”による連続殺人事件を軸に、その裏にある時代背景や社会、そして家族から取り残された者たちの悲哀に焦点を当てた本作。韓国では初登場第1位を獲得し大ヒットを記録した本作で、監督・脚本を担当したのは『マルチュク青春通り』のユ・ハ監督。捜査を進める殺人課の刑事・サンギルを『殺人の追憶』や『青い塩』で知られる韓国を代表する演技派俳優ソン・ガンホが、サンギルとコンビを組むことになる新米女性刑事・ウニョンをキム・ギドク監督作『悲夢(ヒム)』でオダギリジョーと共演を果たしたイ・ナヨンが演じる。

今回、公開となったポスターには「孤独の欠片を拾い集め、声なき叫びを追え——。」の文字と共に、ソン・ガンホ、イ・ナヨンの緊張感あふれる表情が映し出されている。そして中央には、力強くどこかを見据える“ウルフドッグ”の姿が。このウルフドッグが物語の鍵を握るようなのだが、果たしてこの異常な事件の裏に潜む闇とは? 日本では2度にわたりドラマ化もされ、根強い人気を誇るミステリーが韓国版でどのように生まれ変わるのかにも注目したい。

『凍える牙』は9月8日(土)より丸の内TOEIほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top