トム・クルーズ、妻に応戦してカリフォルニア州で離婚申請を手続きか?

最新ニュース

「the Friars Club」で、エンタテイメント・アイコン賞を受賞したトム・クルーズ -(C) Startraks/Aflo
  • 「the Friars Club」で、エンタテイメント・アイコン賞を受賞したトム・クルーズ -(C) Startraks/Aflo
トム・クルーズが、先月28日(現地時間)に妻のケイティ・ホームズがニューヨークで離婚申請をしたのを受けて、今度はカリフォルニア州で自ら離婚申請の手続きを行うようだ。トムはこれまで、ミミ・ロジャース、ニコール・キッドマンとの離婚を経験している。

2006年11月にイタリアの古城で挙式し、16歳の年の差婚を果たしたトムとケイティだが、ケイティは数か月前から離婚を望んでいたという。彼女はトムとの間にもうけた6歳になる娘・スリちゃんを、トムの信奉する「サイエントロジー」の方針に則して育てていくことに疑問を持っていたという。

ケイトは先月8日(現地時間)に開催されたトムの主演作『ロック・オブ・エイジズ』のハリウッド・プレミアに姿を見せなかったが、18日(現地時間)にはトムが新作撮影中のアイスランド・レイキャヴィックを訪問している。今回の突然の離婚申請、さらに彼女がスリちゃんの単独親権を求める事態は、トムにとってまさに寝耳に水の出来事だったようだ。

ケイティの突然の決意について「深く悲しんでいる」と代理人を通して伝えられたトムだが、スリちゃんの共同親権を求める意向だ。芸能サイト「RadarOnline」では、関係者が「トム側はケイトがニューヨークに継続して1年間住んでいないことを理由に戦うつもりです。彼らはニューヨークにも家はありますが、拠点はロサンゼルスなのです」」と語る。

ケイティは数か月前から夫妻で所有するニューヨークのアパートでスリちゃんと一緒に過ごしているが、これはニューヨークの方が単独親権を得るには有利だからだという。ケイティの弁護士は「これはケイティと家族にとって個人的かつプライベートな問題です。ケイティが最も気にかけているのはこれまで同様、娘にとって最善であることです」という声明を出している。



© Startraks/Aflo
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top