『ファインディング・ニモ』R・ウィリアムス、オリンピック閉会式出演をドタキャン!

最新ニュース

ロビー・ウィリアムス
  • ロビー・ウィリアムス
イギリスの人気ポップバンド「テイク・ザット」の元メンバーで、ソロとしてはディズニー/ピクサーの大人気アニメーション『ファインディング・ニモ』の主題歌「ビヨンド・ザ・シー」を歌ったことでも知られる歌手のロビー・ウィリアムスが、妻の長女出産を理由にオリンピック閉会式出演を急遽降板した。

妻のアイーダ・フィールドが8月に出産予定のロビーは、ソロ、もしくはテイク・ザットとの共演で同セレモニーでパフォーマンスを披露する予定だったが、その約束を破って主催者側のイベントスケジュールをメチャメチャにしてしまったようだ。ある関係者は英「Daily Mirror」紙に「ロビーは2、3週間前に降板したんです。ソロの楽曲で出演者のリストに入っていたし、テイク・ザットと歌うかもしれないという期待もあったんです。でも、リハーサルが始まったばかりのときになって、ロビーは『残念なことに日程がバッティングしてしまう』と言ってきたんですよ」と語った。さらに続けて、「ロビーは非常に有名なアーティストなので、閉会式イベントでもそれに見合う重要な役目を与えられていたため、主催者側はスケジュール全体を調整しなければならなくなったのです。主催者の多くはいま、強い不満を感じているようです。今回の閉会式イベントはイギリス音楽界にとって、とてつもない影響力を持つ瞬間になるため、主催者たちは完璧な顔ぶれを用意したと思っていたのです。もちろんロビーは自分の家族のことを最優先にすべきでしょう。ただ、それに気がつくのが遅かったという点が残念なんです」と今回の騒動について言及している。

一方、この急遽降板について、ロビーのスポークスマンは「ロビーは閉会式へ出演依頼を受けていましたが、子供の出産が差し迫っているため参加できなくなりました」とコメントを残している。8月12日(現地時間)、ロンドンのオリンピックパークで2時間半に渡って開催される閉会式には、ジョージ・マイケル、「ザ・フー」、エミリー・サンデー、テイク・ザットらが登場する予定だ。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top