沢尻エリカ、手紙で「いっぱい悩んだけど、伝えたい気持ちがある」

最新ニュース

『ヘルタースケルター』ジャパン・プレミア
  • 『ヘルタースケルター』ジャパン・プレミア
  • 『ヘルタースケルター』ジャパン・プレミア
  • 『ヘルタースケルター』ジャパン・プレミア
  • 『ヘルタースケルター』ジャパン・プレミア
  • 『ヘルタースケルター』ジャパン・プレミア
  • 『ヘルタースケルター』ジャパン・プレミア
  • 『ヘルタースケルター』ジャパン・プレミア
  • 『ヘルタースケルター』ジャパン・プレミア
岡崎京子の人気漫画を映画化した『ヘルタースケルタ—』のジャパン・プレミアが7月5日(木)、都内で開催された。事前に伝えられていた通り、体調不良で療養中の主演の沢尻エリカは欠席となったが、蜷川実花監督、大森南朋、綾野剛、水原希子、新井浩文が舞台挨拶に来場。沢尻さんから届けられたという手紙が司会者により代読された。

全身におよぶ美容整形で究極の美を手に入れ、芸能界の頂点に君臨するようになったモデル・りりこが、狂気をはらみつつ芸能界を渡り歩いていく様を描く。

蜷川監督は撮影を「ヤマ場の連続でエリカも私も前日に何を撮ったか分からないくらい全力疾走だった」とふり返る。「主演は誰がいいかと考えたときに何度考えても沢尻エリカしかいないって思った。撮り終えたいまも彼女しかいなかったと心の底から思ってる」と言葉に力を込めた。

大森さんは「強烈な女優が集まっていたんで…」と笑みを浮かべつつ、沢尻さんを始め、桃井かおり、寺島しのぶと実力派&個性派の女優の揃い踏みによる現場の空気を語る。その3人と共演シーンのあった新井さんは「すごく気を遣いますよ。希子ちゃんとやるときは『やった、今日は希子ちゃんだ』って感じで楽しかったです」と本音トークで会場を沸かせた。

改めて大森さんは、沢尻さんについて「1日だけでしたが近い距離で向かい合ってセリフを交わして、力のある女優さんだと思った」と称賛。水原さんは「優しくて妹分のようにかわいがってもらいました」と意外な(?)現場での素顔を明かす。綾野さんも沢尻さんとはかなり濃厚な共演シーンがあるが「前のめりになって入り込んでしまうところで、コミュニケーションを惜しむことがなかった。正しい姿勢で現場にいてくれた」と語った。
沢尻さんは手紙で、監督を始めキャスト陣、そして何より駆けつけたファンにこの日の欠席を謝罪。さらに「エリカはいっぱい悩んだけど、いっぱい伝えたい気持ちがあります。早くみんなに会えるよう公開に向け気持ちを立て直して頑張ります」と映画公開初日の7月14日(土)に行なわれる舞台挨拶に出席する意思を示した。

この日、電話で話をしたという蜷川監督は「14日に向け整える」と沢尻さんが言っていたことを明かし、「劇場で会えるの楽しみに待ってます」とニッコリ。これから映画を観る観客に「精神状態を崩すのも分かるような熱量と魂がフィルムに焼き付いてます。それをぜひ見てください!」と呼びかけた。

『ヘルタースケルター』は7月14日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top