中尾明慶、彼女との別れを告白 寺脇康文から「恋愛危機?」とツッコミ!

最新ニュース

『ハーバー・クライシス<湾岸危機>Black & White Episode1』中尾明慶&寺脇康文アフレコ取材
  • 『ハーバー・クライシス<湾岸危機>Black & White Episode1』中尾明慶&寺脇康文アフレコ取材
  • 『ハーバー・クライシス<湾岸危機>Black & White Episode1』中尾明慶&寺脇康文アフレコ取材
  • 『ハーバー・クライシス<湾岸危機>Black & White Episode1』中尾明慶&寺脇康文アフレコ取材
  • 『ハーバー・クライシス<湾岸危機>Black & White Episode1』中尾明慶&寺脇康文アフレコ取材
  • 『ハーバー・クライシス<湾岸危機>Black & White Episode1』中尾明慶&寺脇康文アフレコ取材
  • 『ハーバー・クライシス<湾岸危機>Black & White Episode1』中尾明慶&寺脇康文アフレコ取材
  • 『ハーバー・クライシス<湾岸危機>Black & White Episode1』中尾明慶&寺脇康文アフレコ取材
台湾発のアクションエンターテイメント『ハーバー・クライシス<湾岸危機> Black&White Episode1』の主演コンビの日本語吹替を中尾明慶と寺脇康文が担当することが決定。7月10日(火)、都内スタジオでアフレコの模様がこうかいされた。

熱血新米刑事・インション(マーク・チャオ/中尾さん)と人情に篤いヤクザの幹部・ダーフー(ホァン・ボー/寺脇さん)。正反対の立場にある2人が、ハーバー・シティの爆破計画が秘密裏に進められていることを知り、阻止すべく奔走する。

この日は、2人が初めて出会い、車の中で言葉を交わすシーンに、敵の銃弾の嵐をかいくぐって車で逃げるシーンなどを公開。シーンごとに演出から心情や声の大きさやトーンなどについて細かい指示が出され、正義感あふれるインションとヤクザでありながらも弱気なダーフーという対照的な2人のキャラクターが垣間見える。カーアクションのシーンでは、中尾さんは映像に合わせてハンドルを切る動作をしながら声を出すなど熱のこもった演技を見せた。

収録を終えて寺脇さんは「自分の芝居じゃないところにセリフを入れる難しさがある。自分でやり過ぎと思うくらいに(オーバーに)やった方がいいんだなとわかりました。あとは役者さんの素晴らしい演技を邪魔しないようにということを心がけました」とふり返る。

一方、初挑戦となった中尾さんは「貴重な経験でしたが本当に難しくて…。10時間くらいで収録したんですが覚えてないです」と苦笑い。寺脇さんはそんな中尾さんの様子について「僕が遅れて入っていって『どう?』って聞いたら『はい……分かりません…』って感じだった(笑)」とその憔悴ぶりを証言。先輩から「真っ直ぐな熱血漢な感じが合ってる」とお墨付きをもらったが、中尾さんにとってはよっぽどつらい経験だったのか「サンダルを履いて行ったんですが、最後には裸足になってました。そのうち服も脱ぎ出すんじゃないかという脱力感で…。正直、もう二度とやりたくない」と本音をポツリ。寺脇さんから「だめだめ! また声が掛かるかもしれないから!」とたしなめられていた。

あまりのアフレコの過酷さにガードが下がったのか、作品にちなんで「最近、プライベートで体験した危機は?」という問いに中尾さんは「少し前に付き合ってた彼女との別れ話ですかね」と失恋をあっさり告白。映画の主人公のように危機を回避することはできなかったようで、寺脇さんから「恋愛危機(笑)?」と突っ込まれていた。

『ハーバー・クライシス<湾岸危機>Black & White Episode1』は9月8日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top