このコンビ、「ぱないっす!」 『放課後ミッドナイターズ』“肝試し”特別映像が到着

最新ニュース

『放課後ミッドナイターズ』 -(C) AFTER SCHOOL MIDNIGHTERS PARTNERSHIP
  • 『放課後ミッドナイターズ』 -(C) AFTER SCHOOL MIDNIGHTERS PARTNERSHIP
  • 『放課後ミッドナイターズ』 -(C) AFTER SCHOOL MIDNIGHTERS PARTNERSHIP
  • 『放課後ミッドナイターズ』 -(C) AFTER SCHOOL MIDNIGHTERS PARTNERSHIP
夏のファミリー・ムービーとして注目を集め、既に前売り券が飛ぶように売れているという『放課後ミッドナイターズ』。このほど本作のメインキャラクター、人体模型と骨格標本のふたりによる、クスリと笑える“肝試し”の様子を収めたミニコントムービーがどこよりも早くシネマカフェに到着した。

夜な夜な動き出す理科室の人体模型・キュンストレーキと、その相棒の骨格標本・ゴスを主人公に、真夜中の学校で巻き起こる一夜の大騒動を描くアトラクション・ムービー。海外では完成前のパイロット版を見た海外映画関係者の間で話題となり、日本、香港、シンガポール、台湾、韓国の5か国で同時公開が決定するという異例の注目作。

学校の怪談話でよく耳にした“動く人体模型”キュンストレーキは幼い頃に聞いた“アイツ”そのもの。骨格標本と揃って怪談話でおなじみのキャラクターたちが、息ぴったりの“あるある”コントを繰り広げる。その舞台となるのは夏の風物詩、お化け屋敷! 自分たちが“恐がられる”存在だということを忘れ、屋敷の入り口近くで「何かいた! 何か動いた!!」とビビりまくる様子は実にコミカル。背中にデカデカと「不要品」の文字を背負ったキュンストレーキが「ちょっとお前行ってこい」と先輩風を吹かせて命令するなり、ゴスはすごすごと中へと入って行くのだが、「ヤバい! パない!」と泣き叫びながらダッシュで逃げ出してしまう始末。「怖かった(笑)?」と半笑いで何回も確認するキュンストレーキの姿は、どこかで見たことのあるような風景だ。その後も2人で一緒に入ろうと約束するもゴスがあっさりと裏切り、キレたキュンストレーキが強烈なキックをお見舞い! 学園ホラーの雰囲気などどこへやらの見事なコンビ芸である。

この傑作“あるある”コントの仕掛け人は、竹清仁監督。ミュージックチャンネル「MTV」や「スペースシャワーTV」の番組パッケージ映像やTOYOTA CUPのイベントオープニング映像など幅広いジャンルで映像を手がけ、ニューヨークのMOMA美術館のコレクションでも展示されている、世界有数のクリエイターだ。「この短編作品のためだけに、本編に声優で参加して下さった山寺宏一さん、田口浩正さんにも打ち合わせに参加していただき、アイディアを練り上げる日々です。ぜひ映画館の大きいスクリーンでお楽しみいただけたら嬉しいです!」。ほぼ全てがアドリブというモーションキャプチャーでの動きは、まさに秀逸。まずはあなたもこの笑える肝試しに参加してみては?

『放課後ミッドナイターズ』は8月25日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。

※こちらの映像はYOU TUBEにてご覧いただけます。

YOU TUBE
http://www.youtube.com/watch?v=yWHFYrNfUDk&feature=plcp
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top