スパイス・ガールズ&元「オアシス」リアム・ギャラガー、ロンドン五輪閉会式に出演

最新ニュース

スパイスガールズ
  • スパイスガールズ
「スパイス・ガールズ」が、ロンドン五輪の閉会式でパフォーマンスすることが“95%決定”したようだ。ヴィクトリア・ベッカム、メルB、エマ・バントン、メルC、ジェリ・ハリウェルらメンバー5人は自分たちのヒットシングル満載のミュージカル「Viva Forever」のプロモーションのため、先月末にもロンドンに集結している。関係者は「The Mirror」紙に「スパイス・ガールズは2年前からオリンピックでのパフォーマンスのオファーを受けていました。95%決定といったところでしょう。常にその可能性はあったんです。しかし、ヴィクトリアの多忙なスケジュールや彼女とメルBがアメリカ在住だということが、これまでの問題となっていました」と語っている。

元々はヴィクトリアが再び同グループでパフォーマンスすることに抵抗を見せていたようだが、現在では、五輪閉会式への出演は英オーディション番組「Superstar」で審査員で、さらに長年のパートナーであったトーマス・スターとの破局を引きずっているメルCがパフォーマンスできるかどうかにかかっているようだ。先の関係者は「ヴィクトリアはオリンピックが終わるまではロンドンにいますし、デヴィッド(・ベッカム)が五輪代表チームから外れたため、ヴィクトリアはスパイス・ガールズ再結成に費やす時間があるはずです」と続けた。

一方、今回のオリンピック閉会式でのパフォーマンスが期待されるのはスパイス・ガールズだけでなく、元オアシスのリアム・ギャラガーも閉会式でオアシス時代のヒット曲「ワンダーウォール」のアレンジ・バージョンを歌うことになりそうだ。関係者が「The Sun」紙に語ったところによれば、2、3か月前にオリンピックのプロダクションチームがリアムの兄、ノエル・ギャラガーに出演の話を持ちかけたもの、そのオファーを蹴ったために弟・リアムの出番となったようだ。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top