“末っ子”キム・ヒョンジュン、初演技ふり返る 「ベッドシーンは恥ずかしすぎる…」

最新ニュース

「輝ける彼女」キム・ヒョンジュン -(C) KBS N. All rights reserved.
  • 「輝ける彼女」キム・ヒョンジュン -(C) KBS N. All rights reserved.
  • 「輝ける彼女」キム・ヒョンジュン -(C) KBS N. All rights reserved.
  • 「輝ける彼女」キム・ヒョンジュン -(C) KBS N. All rights reserved.
  • 「輝ける彼女」キム・ヒョンジュン -(C) KBS N. All rights reserved.
韓国の人気男性ユニット「SS501」の“末っ子(マンネ)”の愛称で女性ファンたちに愛され、7月10日には2枚目のソロアルバム「ESCAPE」で可愛いイメージを覆すセクシーなパフォーマンスでますます注目を集めている、キム・ヒョンジュン。そんな彼が初出演にして初主演に挑んだドラマ「輝ける彼女」が、間もなくDVDリリースとなる。得意(?)とも思える “年下”トップスターという役で新しい花を咲かせた彼が、初演技から初のベッドシーンまで、全ての挑戦について語ってくれた。

上司のパワハラに耐えかね勤めてきた大企業を辞めたエリート女子・ジヒョンが一転、放送作家になる夢を追いかけて勤めだしたのはテレビ局。期待に胸膨らませる彼女だったが、何と上司は3年前にケンカ別れした元カレ・ヨンウ、しかも最初の仕事は礼儀知らずで超ワガママのトップスター・カンミンを番組出演させるべく説得するという無茶なものだった。最初は犬猿の仲の3人、だがやがて三角関係に…。

ドラマは「昔から挑戦したいジャンルでした」というヒョンジュン。
「『いつチャンスが来るのかな?』と首を長くして待っていたら、去年ついにスタッフから『キム・ヒョンジュンさん、(ドラマに)キャスティングされましたよ!』との報告が来たんです。そのときは嬉しすぎて何日も眠れませんでした。ドラマの台本を持っているだけでも幸せな気分になって…本当にハッピーでした。昔から少しずつ演技の勉強をしてはいて、ソロ活動を始めたときに『2011年には一本、ドラマに出たい』というのが目標のうちの1つだったんです。それで演技の先生の元にも通ったし、仲のいい俳優の方々にいろいろな話を聞いて回ったりしました。現場ではこうした方がいい、とかね。『準備ができている者に機会は訪れる』なんです(笑)」。

歌手から俳優業へ、勉強熱心な彼は当然、今回の役作りにも余念がなかった様子。もちろん、トップスターとして活躍するシーンは地でいっているが、年上女子であるジヒョンに対するカンミンの“オレ様”ぶりも自然にハマっている。
「カンミンに似ているキャラクターが登場するドラマを探して研究しました。例えば『シークレット・ガーデン』のヒョンビンさんが演じた役とか、『美男<イケメン>ですね』も参考になりました。チャン・グンソクさんが演じたファン・テギョンは、カンミンと重なる部分が多いんです。グンソクさんの演技はずいぶん勉強になりましたね」。

韓国ロマコメには欠かせない、男女の三角関係だって見逃せないところ。年上女子・ジヒョン役のソ・イヒョン、犬猿の仲である敏腕プロデューサー・ヨンウ役のパク・クァンヒョンと絶妙な恋のバトルを見せるのだが、実際の現場の雰囲気は?
「監督もスタッフも共演者の方々もみんなおもしろくていい方ばかりで、笑いが絶えない現場でしたね。特にパク・クァンヒョンさんとソ・イヒョンさん、僕の3人が集まると、冗談を言い合ったりイタズラしたり…とっても楽しく過ごしました。いまでも監督や共演者の方々と連絡を取り合っていて、この前は監督がいま撮っているドラマの撮影現場に顔を出しに行ってきました。イヒョンさんやクァンヒョンさんとも、月2、3回は会っています。監督や共演者の方々とサークルを作ったんです。おもしろいでしょ?」

ドラマ初出演ながらすぐに現場に溶け込む彼の様子が目に浮かぶが、そんな彼にとっても照れを隠せなかったのが、冒頭のベッドシーン。後にトップスターであるカンミンに災いをもたらすシーンになるのだが…。
「耐えられないほど恥ずかしかったです。相手の女優さんとの初シーンがベッドシーンですよ。そんなことってありますか? 初めは服を脱がないでやろうとしたんです。自然な感じで撮ろうと言われていたし。でも監督に“自然な感じで”服を脱がされたんです。予想通りの展開ですが(笑)。やっぱり男が女優さんをリードしなくちゃいけないじゃないですか。“萎縮しないでやろう!”と、それだけを考えて撮影に臨みました。監督には『いつもどおりにやれ』って言われたのですが、“何を??”って感じじゃないですか。それでどうしていいか分からないでいたら、『男らしくやれ』とアドバイスをくれました。だから力づくで押し倒しました(笑)。勢いよくベッドの中に潜り込んで、勢いよく回って…。そのときのことを考えると恥ずかしすぎて、いまでも相手役の方には連絡できないでいます…」。

実は、本作のために8キロも減量したヒョンジュン。その鍛え上げたワイルド&美しいマッスルもお披露目しているので、お見逃しなく。照れを隠せなかったベッドシーンを含め、様々な挑戦をやり遂げた初演技についての自己評価は?
「60点ですね! 『初めて』ということで10点ボーナス。50点は僕の努力ね。不足分の50点は、感情表現の未熟さ。僕がイメージしている演技ができなかったので。演技の勉強をし続けて30歳くらいになったら僕がイメージする理想の俳優になれるんじゃないかな」。
俳優としてスタートを切ったばかりの彼の今後の成長が楽しみなところ。ちなみに、気になるソ・イヒョンとのキスシーンでは、年上の彼女にリードされていたそうだが? そのエピソードは彼のインタビュー映像からぜひチェックしてみて。

※こちらの映像は下記URLよりご覧いただけます。
http://youtu.be/t5D82qN6Vac

「輝ける彼女 DVD−SET」(6枚組)
価格:19,950円(税込)
発売日:7月25日(水)※8月3日(金)レンタル開始(vol.1〜6)
発売・販売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

※購入応募者限定 キム・ヒョンジュンに会える!「輝ける彼女」トリプルプレゼントキャンペーン実施中!
「輝ける彼女 DVD−SET」を購入し、キャンペーンに応募した方全員にもれなく、8月3日(金)開催のキム・ヒョンジュンハイタッチ会を含めた3大プレゼントを贈呈。

「輝ける彼女」DVD公式サイト:http://kandera.jp/sp/kagakano/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top