エマ・ワトソン、スカヨハ、C・スチュワート…、官能に溺れるヒロインは誰の手に!?

最新ニュース

エマ・ワトソン
  • エマ・ワトソン
エマ・ワトソンが現在、英米で人気沸騰中の官能小説「Fifty Shades of Grey」(原題)の映画化作品に出演交渉中のようだ。先日、『ソーシャル・ネットワーク』の製作を手がけたマイケル・デ・ルカとデイナ・ブルネッティの2人が、原作者E・L・ジェームズの指名によりプロデューサーとして起用されたニュースが飛び込んできたばかりの本作。女性主人公、アナスタシア・スティール役にスカーレット・ヨハンソンが交渉中とのうわさも飛び交う中、エマが同役に名乗りをあげているという。

一方、「International Business Times」紙の報道によれば、米人気ドラマ「ヴァンパイア・ダイアリーズ」でおなじみのイアン・サマーホルダーが、アナスタシアを緊縛やSM的セックスといった禁断の世界に誘う億万長者のクリスチャン・グレイ役に興味を示しているようだ。

さらに、クリステン・スチュワートも『トワイライト』シリーズで共演し、私生活でも恋人であるロバート・パティンソンと別の映画で「どうしても再共演したい」と語っており、本作の映画化でロバートと共演のでは? という憶測も。「その本はまだ読んでいないの。だから何とも言えないわね。でも、ロバートとどうしてもまた違う作品で共演したいのよ。私たち2人は良いチームだし、何であってもとてつもない野心が必要とされるでしょうね…まあ、とにかく彼とはまた一緒に働きたいわ」(クリステン)。

大注目のアナスタシア役をめぐり、出演交渉中のエマや興味を示しているクリステン、そしてスカーレット…と熱戦が繰り広げられる予感。一方のクリスチャン役にも、ライアン・ゴズリングやクリス・パインらの名前が候補に挙がっている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top