『永遠の僕たち』ヘンリー・ホッパー、15歳少女に対するレイプ容疑で訴えられる

最新ニュース

ヘンリー・ホッパー
  • ヘンリー・ホッパー
故デニス・ホッパーの息子ヘンリー・ホッパーが少女に対するレイプ行為の容疑で訴えられた。昨年末に公開されたガス・ヴァン・サント監督『永遠の僕たち』での好演が記憶に新しい新進俳優である21歳のヘンリーだが、カリフォルニア州ベニス・ビーチの自宅に当時15歳の少女を連れ込み、アルコールとドラッグで酩酊させた後、性的暴行に及んだとされている。

ゴシップサイト「TMZ.com」によれば、現在16歳となる少女の母親が提出した訴状には、少女とヘンリーがFacebookを通じて数か月にわたりメッセージ交換を続けた後、自宅に連れ込んだヘンリーが「性交、オーラルセックス、ソドミーを含む性的暴行を少女に加えた」と記されているという。昨年2月に共通の友人を介して紹介されて以来、少女はヘンリーの自宅を数回訪れていたようだ。

少女側の弁護士は、ヘンリーが「繊細な若い子供の好意を利用して、アルコールと違法ドラッグを餌に自宅に連れ込み、若く傷つきやすい少女を繰り返し利用した」と強く非難している。

この件について、少女の母親は損害賠償と少女の精神的トラウマに対する治療を求めているという。ただ本件の被害届けが警察に提出されているかは分かっていない。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top