エマ・ストーン、『幸せへのキセキ』C・クロウ監督の新作ロマコメに出演

最新ニュース

エマ・ストーン
  • エマ・ストーン
エマ・ストーンがキャメロン・クロウ監督(『幸せへのキセキ』)の新作ロマンティック・コメディ作品に出演することになった。ソニー・ピクチャーズ製作でタイトル未定の同作で、エマは監督と脚本を兼任するキャメロンと初めてタッグを組むことになる。「Deadline.com」の報道によれば、同作はトム・クルーズ主演作『ザ・エージェント』('96)や『あの頃ペニー・レインと』('00)に似たラブストーリーになる模様だという。

『ノーカントリー』('07)で製作を務めたスコット・ルーディンがプロデューサーを担当する本作は、『エリザベスタウン』('05)でメガホンを取った後、キャメロン監督が計画していた『Deep Tiki』(原題)という作品の焼き直しになるともうわさされている。

エマと言えば、『アメイジング・スパイダーマン』で共演し「映画の撮影セットで出会った瞬間に恋に落ちた」というアンドリュー・ガーフィールドとの熱愛が注目されている。「アンドリューとの共演は素晴らしかったわ。お互いセットに入った瞬間に恋に落ちたの。そういう関係を築けて最高だわ。どうやら私は魅力的な男性たちとしか仕事をしないようね」と「BANG Showbiz」に語っているが、果たして新作では誰とラブストーリーを繰り広げることになるのか?
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top