クリステン・スチュワート、新作映画の主演からも降板?

最新ニュース

クリステン・スチュワート
  • クリステン・スチュワート
先日、ロバート・パティソンを裏切った浮気報道により人前に出れる状態ではないと、新作『On The Road』(原題)のロンドン・プレミアへの出席をキャンセルしたクリステン・スチュワートだが、さらに次の新作アクション映画『Cali』(原題)の主演から降板したようだ。

先日には、アレックス・ペティファーがクリステンが演じるはずだった主人公の恋人役に抜擢されたばかりだが、今回急遽クリステンが同作から降板し、アンバー・ハード(『ラム・ダイアリー』)がクリステンの代役を務めるとうわさされている。ゴシップサイト「GossipCop.com」によれば、同作のオファーを受けたクリステンは実は出演に完全には同意しておらず、不透明だったという。

『きみに読む物語』のニック・カサヴェテス監督がメガホンを取る本作で、クリステンは当初アレックス演じるクリスの恋人・マイアを演じることになっており、2人が偽の殺害動画を販売してその金と共に姿を消すものの、数年後にマイアの妹を助けるためカリフォルニアに戻らざるを得なくなるというアクションスリラー作品になる見込みだった。

本作でクリステンは主演だけでなく共同プロデュースも手がける予定だったが、プロデュース業からも降板するかはまだ明らかにされていない。彼女の起用が報道された時点で、本作の製作を務めるボルテージ社のクレイグ・J・フローレス氏は、「クリステンは才能あるダイナミックな女優で、興行収入を稼ぎ出せることも証明されています。『Cali』でのクリステンの役は棘々しく、かつセクシーなものです。明らかに、今回の作品でクリステンがその才能の限界に挑む姿を観客は目にすることができるはず。この素晴らしい作品に彼女を迎えることに、ボルテージ社一同興奮しています」と「Variety」誌に喜びを語っていたのだが…。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top