こどものための映画祭開幕! 戸田恵子、内田恭子らがライヴ吹き替えに挑戦

最新ニュース

「子どもたちの世界映画祭 20th Anniversary キンダー・フィルム・フェスティバル」OPENINGイベント
  • 「子どもたちの世界映画祭 20th Anniversary キンダー・フィルム・フェスティバル」OPENINGイベント
  • 「子どもたちの世界映画祭 20th Anniversary キンダー・フィルム・フェスティバル」OPENINGイベント
  • 「子どもたちの世界映画祭 20th Anniversary キンダー・フィルム・フェスティバル」OPENINGイベント
  • 「子どもたちの世界映画祭 20th Anniversary キンダー・フィルム・フェスティバル」OPENINGイベント
  • 「子どもたちの世界映画祭 20th Anniversary キンダー・フィルム・フェスティバル」OPENINGイベント
  • 「子どもたちの世界映画祭 20th Anniversary キンダー・フィルム・フェスティバル」OPENINGイベント
  • 「子どもたちの世界映画祭 20th Anniversary キンダー・フィルム・フェスティバル」OPENINGイベント
  • 「子どもたちの世界映画祭 20th Anniversary キンダー・フィルム・フェスティバル」OPENINGイベント
今年で20回目を迎える子供たちのための映画祭「キンダー・フィルム・フェスティバル」が8月15日(水)に東京・調布のグリーンホールで開幕。映画祭チェアパーソンを務める女優の戸田恵子を始め、広報宣伝大使の中山秀征と内田恭子、さらに応援ゲストのルー大柴らが来場。洋画を上映し声優陣がその場で吹き替えを行なう“ライヴ吹替え”を披露し会場を盛り上げた。

ベルリン国際映画祭の児童映画部門「キンダー・フィルムフェスト・ベルリン」の協力を得て1992年に始まった本映画祭。映画の上映のみならず、イベントの司会進行や審査員も含め多くの子どもたちが参加して行われており、この日も会場には小さな子供たちが大勢訪れた。

戸田さんは「今年もベルリンに行って、たくさんの映画を観て、こども映画に関わる方々や監督とお話しして来ました。世界には素晴らしい作品がいっぱいありますが、それを紹介できる唯一のフェスティバルです」と胸を張る。さらに保護者に対しても「お子さんだけでは会場に来れません。たくさんのお子さんを誘ってぜひ来年と言わず明日もお越しいただければ」と呼びかけた。

中山さんと内田さんは作品の選定にも携わった。中山さんは「20〜30作品の中から選ばせていただきましたが、観れば観るほど選ぶのが難しくなる。中でもかわいらしい作品、言葉が分からなくても楽しんでもらえる作品を選びました」と語る。一方の内田さんは「愛おしく切ないけど希望を忘れない作品、大人でもウルッと来る作品を選ばせてもらいました」と明かした。

続いて登場したルーさんは、会場を埋め尽くす観客にビックリしたようで「すごいお客様ですね! 毎年、だんだん盛り上がってグレードアップして嬉しい。何本かをウォッチしましたがティアー(涙)が出てきました」と得意の(?)英語まじりに興奮を語っていた。

この日はオーストラリアのマシュー・ムーア監督による13分の短編作品『ジュリアン』のライヴ吹替えに戸田さん、中山さん、内田さん、ルーさんが挑戦。ベルリンでクリスタルベア賞を受賞した佳作の内容はもちろん、めったに体験できない生の吹き替えに客席からは大きな拍手が送られ、客席には子供たちの笑い声が響いた。

上映後には、この日のために来日したムーア監督とタイトルロールのジュリアンを演じたエドくんも登場。ライブ吹替えを鑑賞したエドくんは「オリジナルの声とまた全然違ってビックリしたけど面白かったです」と笑顔を見せていた。

映画祭は5日間にわたって開催。子供の年齢にあわせた様々な作品の上映に加え、期間中はバルーンアートや大道芸人によるショー、海外アーティストによる限定ワークショップなども開催される。

「子どもたちの世界映画祭 20thAnniversary キンダー・フィルム・フェステバル」
期間:8月19日(日)まで開催
会場:調布グリーンホール(東京・調布)

公式サイト:http://www.kinder.co.jp/

特集「シネカフェくんのふらっと映画祭」
http://www.cinemacafe.net/fes/recommend/
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top