85歳の巨匠とのタッグに岩松了&竹中直人、恐縮しきり? 加瀬亮は「精一杯努めます」

最新ニュース

『ペコロスの母に会いに行く』製作発表記者会見にて
  • 『ペコロスの母に会いに行く』製作発表記者会見にて
長崎県を舞台に、認知症の母親とのおかしくも切ない日常を描いた岡野雄一による同名漫画を、長崎出身の巨匠・森﨑東監督が約9年ぶりの新作として映画化する『ペコロスの母に会いに行く』の製作発表記者会見が、8月23日(木)、舞台である長崎で行われた。森﨑監督を始め、主演の岩松了、原田貴和子、竹中直人、加瀬亮、そして原作者の岡野さんらが登壇し、撮影に向けての意気込みを語った。

今年1月に自費出版され、5月に開設したFacebookの応援ページが開設から1か月あまりで5,000人を超える「いいね!」を集め、それがプロデューサーの井ノ原氏の目に留まったことから映画化が実現した本作。『男はつらいよ フーテンの寅』に代表される喜劇を数多く手がけてきたことで知られる森﨑監督が、自身の故郷である長崎県をロケ地にして映画化に挑む。

今年で御年85の森﨑監督にとっては、前作『ニワトリはハダシだ』以来約9年ぶりの新作となるが、「監督なんてものはおらんでもいい。それでよか。まあこんな風にやってみたいと思います」と冒頭から気負わない挨拶で会場を和ませた。一方、ペコロス(小さな玉ねぎ)頭がトレードマークの主人公・岡野ゆういち役で映画初主演を務める岩松さんは、「主人公なんてやったことがないのでとても大変な出来事だと思っています。高校まで長崎にいたが、卒業してからはずっと東京にいる。今回原作を読んで、(東京に来て)自分が捨ててきたものが、すごく豊かに表現されているなと思った」とコメント。「森﨑監督のことは、加瀬さんから『とても怖い人、首根っこを掴まれることもあるかも』と教えられて、非常に緊張していますが、監督についていきたい」と巨匠との初めてのタッグに恐縮しきりだった。

主人公の父・さとるを演じる加瀬さんは、『ニワトリはハダシだ』に続く森﨑監督とのタッグ。「森﨑監督の作品はデビュー作からいろいろ観ているが、いつもおかしくて笑わせながら何か心に立ち上ってくるものは温かいものがある。今回もあったかくて楽しいものになるよう精一杯努めます」意欲をのぞかせた。

竹中さんは、若かりし日の森﨑監督との思い出が強烈な印象として残っているようで、「27歳でデビューした当時は仕事のたびにギャグで笑わせることをやっていた。森﨑監督の『ロケーション』('84)に出演したときも同じようにやったら『余計な仕事をするな。お前のままでやれ』と怒られたのをよく覚えている」と思い出深いエピソードを披露。「みんなは長崎にロケに来たときは優しくしてね」と茶目っ気たっぷりに長崎県民にアピールした。

『ペコロスの母に会いに行く』は9月4日(火)に長崎市内でクランクインし、翌年2月の「長崎ランタンフェスティバル」での撮影を経て、2013年夏に長崎で先行上映、秋に全国上映を予定している。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top