「BEAMS WOMEN'S」が贈る6つの“架空の映画”「LIFE AS CINEMA」スタート!

最新ニュース

BEAMS WOMEN’S 秋冬キャンペーン「LIFE AS CINEMA」
  • BEAMS WOMEN’S 秋冬キャンペーン「LIFE AS CINEMA」
  • BEAMS WOMEN’S 秋冬キャンペーン「LIFE AS CINEMA」
  • BEAMS WOMEN’S 秋冬キャンペーン「LIFE AS CINEMA」
  • BEAMS WOMEN’S 秋冬キャンペーン「LIFE AS CINEMA」
  • BEAMS WOMEN’S 秋冬キャンペーン「LIFE AS CINEMA」
  • BEAMS WOMEN’S 秋冬キャンペーン「LIFE AS CINEMA」
  • BEAMS WOMEN’S 秋冬キャンペーン「LIFE AS CINEMA」
今春にスタートした、人気アパレルブランド「BEAMS」が自社の多様な6つのウィメンズレーベルを総称して展開するキャンペーン「BEAMS WOMEN'S」。輝く女性像を“虹”に例えたグラフィックを展開していく本キャンペーンの秋冬バージョン「LIFE AS CINEMA」が8月31日(金)よりスタート! お気に入りのアイテムとの出会いを、映画を観るドキドキ感に例え、各レーベルの世界観を“架空の映画”に見立てたコンテンツを楽しむことができる。

同日オープンした特設キャンペーンサイトでは、6つのレーベルの多様な世界観をイメージして制作された“架空の映画”のワンシーンをグラフィックと音楽で表現。店頭と連動し、実在する名作映画のイメージに合わせてシューズやバッグをピックアップし、映画を切り口にした商品紹介を展開する。グラフィックは映画の撮影でも実際に使用され、ファッションフォト界で最先端の手法として注目されているREDカメラで撮影。映像の中から最高のワンシーンを切り取り、メイングラフィックとして雑誌、ウェブコンテンツなどで展開していく。

この新しい試みの仕掛け人となったのは、『ホノカアボーイ』で脚本・プロデュースを担当し、話題の広告を多数手がける気鋭のクリエイティブディレクター・高崎卓馬。そして映画さながらの個性豊かなサウンドトラックを制作したのは、『おおかみこどもの雨と雪』の音楽担当も務めた世界的アーティスト、高木正勝。映画の台詞を思わせるような言葉を乗せ、各レーベルのドラマ性を表現したオリジナルのワンシーンを誕生させた。

6つの“架空の映画”は、ある事件に遭遇し仲間同士で懸命に推理を交わし合う少年たちが繰り広げるサスペンス調のものから、ある嘘を抱えた夫婦が互いに素直に許し合っていく姿を描いた大人のラブストーリーまで多様なジャンルで構成されており、各話のキーアイテムとして各レーベルのカラーを意識したシューズがストーリーを伴って紹介され、デザインの裏に込められた「映画みたいに生きてみよう」というテーマを感じとることができる。高木さんが手がける楽曲もノスタルジックなものからキラキラと輝き出すようなポップなものまで、それぞれのレーベルに合わせた“虹”を思わせる個性豊かなものばかり。そして、この特設サイトでは無料で楽曲をダウンロードできてしまうという嬉しい企画も実施中。

12月末まで実施される同キャンペーンは2部構成で展開され、前半はシューズ、後半はバッグをフィーチャー。また、新宿「BEAMS JAPAN」では、ファッションや映画の第一線で活躍するスタイリスト、ヘアメイクアーティスト、映画監督らを招いたイベントも開催予定である。

「BEAMS WOMEN'S」が贈る美しくシネマティックな世界を、ぜひあなたも体験してみては?

「LIFE AS CINEMA」キャンペーンサイト
http://www.beamswomens.jp
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top