堤幸彦×貫地谷しほり 日本で一番泣ける劇団の名作舞台「くちづけ」が映画化決定!

最新ニュース

『くちづけ』
  • 『くちづけ』
「日本で一番泣ける劇団!」と熱狂的な支持を集め、惜しまれつつも今年末をもっての解散を発表した「東京セレソンデラックス」。彼らの名作舞台「くちづけ」が堤幸彦監督指揮の下、貫地谷しほりを主演に迎えて映画化されることが決定した。

うーやんたちが暮らすグループホーム“ひまわり荘”。幼稚園児レベルの知能を持つ彼らは毎日仕事にも通いつつ楽しく暮らしている。そんなところへ漫画家の愛情いっぽんとその娘・マコがやってきた。マコもまた幼稚園児レベルの知能であり、いっぽんはマコと暮らすために“ひまわり荘”の住み込みスタッフとして働き始める。やがて、マコとうーやんの間に淡い恋心が生まれるが、いっぽんには誰にも言えないある秘密があった…。

2010年、東京・シアターサンモールなど全4か所で公演され連日満員を記録した同名舞台を原作とする本作。『20世紀少年』シリーズや『劇場版SPEC〜天〜』など、幅広いジャンルで多数のヒット作を送り出している堤幸彦監督がメガホンを握り、貫地谷さんを始め、竹中直人、原作者でもある宅間孝行、田畑智子、橋本愛ら個性豊かな俳優陣を迎えての映画化となった。

本作で主人公・マコと恋に落ちるうーやん役に加えて、脚本も務めた原作者の宅間さんは、元々小さな新聞記事からこの物語の発想を得たという。今回の映画化にあたり、オリジナルのキャラクターも交えて脚本を手がけたそうだが、これを読んだ主人公・マコ役の貫地谷さんは「衝撃的だった」と話し、「今回の話はフィクションですが、現実というものに胸が締めつけられました」とショックを隠せない様子。また、マコの父・いっぽん役の竹中さんは、『僕らのワンダフルデイズ』で貫地谷さんと共演経験があり、そのときも親子役を演じたが、「『僕らの〜』では娘に嫌われている関係でした。さて、今回は…?」と好奇心を掻き立てるコメントを寄せる。

宅間さんは今回、かなり研究して役に挑んだようで「なかなかない役どころで、しかもかなりエキセントリックな個性の持ち主ですが、実際にこんな人いるんです! と取材先の方々から太鼓判を押されました。驚きと笑顔でこの“うーやん”というキャラクターをご覧いただいて、観終わって愛してくれたら役者冥利に尽きます」と話す。そんな宅間さんの脚本の魅力について堤監督は「笑うこと、泣くこと、社会的メッセージ。どれからも逃げずに構成されている」と称賛を贈りつつ、「『くちづけ』には社会性がある。目を背けてはいけないことが作品の中にあると思う」と力強く語った。

『くちづけ』は2013年春、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top