ミラ・ジョヴォヴィッチ「夫は私をイジメるのが好きなの…」とファンを前に暴露!?

最新ニュース

『バイオハザードV:リトリビューション』ミラ・ジョヴォヴィッチ来日@ワールド・プレミア
  • 『バイオハザードV:リトリビューション』ミラ・ジョヴォヴィッチ来日@ワールド・プレミア
  • 『バイオハザードV:リトリビューション』ミラ・ジョヴォヴィッチ来日@ワールド・プレミア
  • 『バイオハザードV:リトリビューション』ミラ・ジョヴォヴィッチ来日@ワールド・プレミア
  • 『バイオハザードV:リトリビューション』ミラ・ジョヴォヴィッチ来日@ワールド・プレミア
  • 『バイオハザードV:リトリビューション』ミラ・ジョヴォヴィッチ来日@ワールド・プレミア
  • 『バイオハザードV:リトリビューション』ミラ・ジョヴォヴィッチ来日@ワールド・プレミア
  • 『バイオハザードV:リトリビューション』ミラ・ジョヴォヴィッチ来日@ワールド・プレミア
  • 『バイオハザードV:リトリビューション』ミラ・ジョヴォヴィッチ来日@ワールド・プレミア
人気バトル・アクションシリーズ最新作『バイオハザードV:リトリビューション』がついに完成し、9月3日(月)、東京・六本木ヒルズアリーナで開催されたワールド・プレミアで世界最速の“お披露目”が実現。会場にはシリーズの顔である主演のミラ・ジョヴォヴィッチを始め、ポール・W・S・アンダーソン監督と前作に続き出演する中島美嘉が駆けつけ、約1,000人のファンから熱狂的に迎え入れられた。

「コンバンワ、トウキョウ! 来日するたびに“故郷”に帰ってきた感覚になるの」(ミラ)、「みなさんが知っている通り、『バイオハザード』は日本生まれのゲーム。だからこの作品を世界で最初に、日本のファンのみんなに観てもらえるのはとても光栄」(アンダーソン監督)と昨年10月の東京国際映画祭以来、約1年ぶりの“帰還”に夫婦そろって喜びを語った。ミラがこの日着用していたのは、人気ブランド「エリン・フェザーストン」の黒いビスチェトップス。気品あふれるデザインとシャープなシルエットは、美貌と強さを兼ね備えたミラにピッタリだった。

ウィルスが蔓延しほとんどの人間がアンデッド(ゾンビ)になってしまった近未来を舞台に、ミラ演じる主人公・アリスが人類滅亡を企んだ人物を追いかけて東京、ニューヨーク、モスクワと世界を股にかけた戦いに身を投じる。アリスの過去と、いままでの真実を覆す驚愕の新事実が明らかになるシリーズ最重要作だ。シリーズを追うごとに、演技やアクションのハードルが上がっていると言い、ミラは「夫は私をイジメるのが好きなの…」とファンを前に、ジョーク交じりで夫をチクリ。一方、アンダーソン監督は「ミラをイジメる気分? 夢が叶ったって感じかな」とこちらも負けていない。

そんな2人が「作品の見どころは?」と質問されると、「アリスと美嘉が演じるアンデッドとの戦い」だと断言。「天使の歌声を持った小鳥のような美嘉が、現場では『アクション!』の声と同時に戦士に変身するのよ」(ミラ)、「前作での美嘉のアンデッドぶりが素晴らしかったから、もう一度出演をお願いしたんだ」(アンダーソン監督)と大絶賛だ。一方、中島さんは照れくさそうな表情を見せたが、アンダーソン監督が「次もイジメることになるかも」と次回作への出演を匂わせると、「楽しみにしています」と決意を新たにしていた。

この日はしぶとく生き延びている“アンデッド芸人”のダンディ坂野、小島よしお、鳥居みゆきがゾンビメイクで登場。ミラは小島さんの姿に「海パンをはいたゾンビは初めて!」と大爆笑していた。

『バイオハザードV:リトリビューション』は9月14日(金)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top