高梨臨、イランの巨匠・キアロスタミにいじめられた?

最新ニュース

『ライク・サムワン・イン・ラブ』初日舞台挨拶(奥野匡&高梨臨)
  • 『ライク・サムワン・イン・ラブ』初日舞台挨拶(奥野匡&高梨臨)
  • 『ライク・サムワン・イン・ラブ』初日舞台挨拶(奥野匡&高梨臨)
  • 『ライク・サムワン・イン・ラブ』初日舞台挨拶(奥野匡&高梨臨)
  • 『ライク・サムワン・イン・ラブ』初日舞台挨拶(奥野匡&高梨臨)
  • 『ライク・サムワン・イン・ラブ』初日舞台挨拶(奥野匡&高梨臨)
イランの巨匠アッバス・キアロスタミが日本を舞台に製作した『ライク・サムワン・イン・ラブ』が9月15日(土)に公開を迎え、出演した奥野匡と高梨臨がユーロスペース(東京・渋谷)にて行われた舞台挨拶に登壇した。

退職した元大学教授がデートクラブを通じて知り合った若い女性への恋心を静かに描き出す。

奥野さんらはオーディションで出演が決まったが「台本がない撮影でその点は面食らいました。映画ってのは、監督次第で我々は監督に操られて映画ができてしまうものなんですね。演技なんてものをすると監督は嫌うので、何も教わらないでやったんですが、観てみたら映画になってるから不思議なものです」と巨匠の現場をふり返る。

高梨さんは「私はふざけて『ヘタクソ!』って言われたり、いじめられました(苦笑)。そうやって緊張をほぐしてくれてたのかな」と撮影を思い起こす。キアロスタミの妥協のない演出が印象的だったようで「奥野さんは何回も階段を昇り降りさせられて、スタッフの方がヒヤヒヤしてました」と明かした。

2人は監督、そして共演の加瀬亮と共に本年度のカンヌ国際映画祭のレッドカーペットを歩いたが、奥野さんは「僕は主に舞台の人間だからカンヌは別世界のものだと思ってて、『行きたくない』って言ってたんです」と告白。さらに「人がいっぱいいて、道を歩いてても握手を求められたり、写真を求められたりしまして、これは日本に帰ったらどうなるんだろう? と思ってたらいつも通りでした」と語り笑いを誘っていた。

高梨さんは「外国人のお客さんと一緒に映画を観る機会はあまりないですが、静かな映画なのにちょっとしたジョークで笑うので、新鮮な気持ちを味わいました。映画祭自体も初めて、海外の監督も初めてで、価値観が180度変わるいい経験をさせていただきました」と自身の中で掴んだ成長の手応えを口にした。

本作は来月、韓国で開催となる釜山国際映画祭に出品されることになっており、奥野さんと高梨さんも渡韓する予定。年の離れた2人の男女の物語が韓国の観客にどのような反応で迎えられるか楽しみなところだ。

『ライク・サムワン・イン・ラブ』はユーロスペースほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top