C・イーストウッドから日本へ特別メッセージも! 『人生の特等席』予告編が到着

最新ニュース

『人生の特等席』 -(C) 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • 『人生の特等席』 -(C) 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • 『人生の特等席』 -(C) 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • 『人生の特等席』 -(C) 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
クリント・イーストウッドが俳優として4年ぶりにスクリーン復帰を果たした今秋の注目作『人生の特等席』。このほど、特別予告編がウェブ限定で解禁となり、クリントからの日本のファンに向けたビデオメッセージと感動の予告編が収められた貴重な映像がシネマカフェに到着した。

メジャーリーグのスカウトマンとして長年活躍してきた昔気質で不器用な父・ガスと、彼との間にわだかまりを抱える娘・ミッキー。ガスの視力が衰えてしまったことをきっかけに父と娘はスカウトの旅に出るが、ミッキーは過去のある出来事をいまだ忘れられずにいた…。

「もう積極的に役は探さない」と俳優業からの実質的な引退を宣言していたクリントの最新作にして、映画監督としての“弟子”ロバート・ロレンツ監督のデビュー作となる本作。今回、届いた映像は、ハリウッド映画界の生ける伝説・クリントから日本のためだけに寄せられた喜ばしいコメントで幕を開ける。予告編の冒頭はクリント・イーストウッド演じるガスが亡き妻の墓に語りかけるシーンが映し出され、重厚な家族のドラマが展開していくことをうかがわせる。さらに、不器用なガスとエイミー・アダムス演じる娘・ミッキーが抱える大きな溝、そして互いの葛藤を爽やかに映し出していく。

今回演じたキャラクターをクリントはこう分析する。「ガスは、これまで私が演じてきたいろいろなキャラクターの要素をもっている。『ミリオンダラー・ベイビー』に似たとこがあるし、『グラン・トリノ』には多くの点で似ている。私は自分の年齢層のキャラクターを演じている限りはそこに変化を付けられるし、その性格付けはある程度自然に伴ってくるものだ」と、まさに彼の映画人生、そして彼が生きた82年間の人生を投影した役柄であることを明かしてくれた。

家族のドラマを丁寧に描いた本作で、名優クリントは果たしてどんな演技を見せてくれるのか。そして、不器用な父と娘がたどり着く“人生の特等席”とは?

『人生の特等席』は11月23日(金・祝)より丸の内ピカデリー3ほか全国にて公開。

※こちらの予告編はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top