『モテキ』大根監督ワークショップ、AI特別企画など 「SSFF」来年に向け始動!

最新ニュース

『モテキ』大根仁監督ワークショップ&AI「ハピネス」プロジェクト -(C) 2011映画「モテキ」製作委員会
  • 『モテキ』大根仁監督ワークショップ&AI「ハピネス」プロジェクト -(C) 2011映画「モテキ」製作委員会
今年も6月に、ラフォーレミュージアム原宿をメイン会場に開催されたアジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF&ASIA)。早くも記念すべき15回目を迎える2013年に向けて、様々なプロジェクトがスタートしているようだ。

まずは10月25日(木)から開催される、今年の受賞作品をふり返るのにぴったりのイベント「フォーカス・オン・アジア & ワークショップ」。今年のSSFF&ASIAの「ジャパン部門」と「アジア インターナショナル部門」から受賞作品、優秀作品を中心に選りすぐりのアジア作品を一挙特別上映する。その最終日には昨年大ヒットを記録した森山未來の主演作『モテキ』で監督・脚本を務めた大根仁監督が、映像演出のノウハウ、映画『モテキ』の制作秘話をたっぷりと語るセミナー式ワークショップも同時開催となる。時代のトップを駆け抜ける大根監督からの、明日の映画業界を牽引する若者たちへ向けた講義は必聴!

さらに、音楽から映像が生まれる新感覚ムービーとして毎年、アーティストや音楽業界関係者からも注目を浴びている「ミュージックShort部門」では、シンガーソングライター・AIの楽曲を使用した特別企画が始動! 昨年に発売されて以来、驚異の累計135万ダウンロードを誇るAIさんの「ハピネス」を使用して“笑顔”、“ハピネス(幸福)”をテーマに制作されたショートフィルムの一般募集が先日より始まった。AI本人も参加して行われる審査で選ばれた最も優秀な作品は、2013年のミュージックShort部門にエントリーされ、AIさんのオフィシャルサイトでも公開されるとのこと。AIさんからは、「どんな“ハピネス”な作品が生まれてくるのかとても楽しみです!」とのコメントが寄せられている。

今年はシャンパンブランド「モエ・エ・シャンドン」とコラボした新アワードなども設立し、まさにテーマとして掲げていた“蝶躍(跳躍)”の年となったが、アニバーサリーイヤーとなる2013年はどんな新しい展開を見せてくれるのか、期待を込めて待ちたい。

「フォーカス・オン・アジア&ワークショップ」は10月25日(木)から10月28日(日)まで東京都写真美術館にて開催。

「フォーカス・オン・アジア & ワークショップ」大根仁監督ワークショップ
・日時:10月28日(日)14時よりスタート
・場所:東京都写真美術館
・お申し込み:http://www.shortshorts.org/ ※「SSFF & ASIA」公式サイト内
※ワークショップは、参加費無料/定員になり次第受付終了

AI「ハピネス」プロジェクト:応募方法
・テーマ:笑顔、ハピネス
・使用楽曲:「ハピネス」※楽曲の全体の1/3以上を使用
・制作分数:10分以内(エンドロール含む)
・募集〆切り:11月30日(金)※11月30日必着
・公式サイト:www.shortshorts.org/2013_call_for_entry/ja/music_happiness

© 2011映画「モテキ」製作委員会
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top