この秋、あなたもノックダウン? ヤングスターが魅せるアクション映画【美女編】

最新ニュース

『ハンガー・ゲーム』ジェニファー・ローレンス -(C) 2012 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED./『アイアン・スカイ』ユリア・ディーツェ -(C) 2012 Blind Spot Pictures, 27 Film Productions, New Holland Pictures/『エージェント・マロリー』ジーナ・カラーノ -(C) 2011 Five Continents Imports, LLC. All rights reserved
  • 『ハンガー・ゲーム』ジェニファー・ローレンス -(C) 2012 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED./『アイアン・スカイ』ユリア・ディーツェ -(C) 2012 Blind Spot Pictures, 27 Film Productions, New Holland Pictures/『エージェント・マロリー』ジーナ・カラーノ -(C) 2011 Five Continents Imports, LLC. All rights reserved
  • 『ハンガー・ゲーム』 -(C) 2012 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『アイアン・スカイ』ユリア・ディーツェ -(C) 2012 Blind Spot Pictures, 27 Film Productions, New Holland Pictures/『エージェント・マロリー』ジーナ・カラーノ -(C) 2011 Five Continents Imports, LLC. All rights reserved
人気絶頂の俳優にも、ベテランの大女優にも負けない! そんなヤングスター出演の話題のアクション映画がこの秋、次々と公開となる。第2回目となる今回は、男たちもタジタジの強くたくましい戦う美女たちをピックアップ!

最初にご紹介するのは、『ハンガー・ゲーム』(9月28日公開)で主人公・カットニスを演じるジェニファー・ローレンス。妹を守るため、冷酷なサバイバルゲームに身を投じることとなるも、その悲劇をもろともせず、懸命に生き残りをかけて男たちとも渡り合う16歳の女戦士を傷だらけになりながらも体当たりで演じている。彼女自身、14歳までに俳優になると決意し、両親を説得してニューヨークに移り住んだという根っからの戦う女。ライバルたちとのバトルだけでなく、負けそうになる心を奮い立たせる彼女の己との戦いにきっと心打たれる人は多いはず!

続いては、「月の裏側からやって来たナチスが地球を襲来する」という“ぶっ飛んだ”設定が、世界中で大きな話題を呼んでいるフィンランド発の異色のアクション映画『アイアン・スカイ』(9月28日公開)で主演を務めるドイツ出身の新星、ユリア・ディーツェ。ナチスのプロパガンダに心酔しているものの、純粋で心優しい女性・レナーテという一風変わった役どころのヒロインを演じたユリア。その美しさの秘訣は、趣味のフェンシングを始め合気道、カポエラ、カンフーというスポーツのようで、その溌剌としたオーラとたっぷりとしたブロンドヘアがなんとも魅力的だ。そんなハリウッド女優も顔負けの美貌をもつ一方で、嬉々として“ぶっ飛んだ”役柄にも挑戦するその女優魂は、今後の活躍を大いに期待させてくれる。

最後は、本物の格闘家でありながら『オーシャンズ11』のスティーヴン・ソダーバーグ監督に見初められ、ユアン・マクレガーやアントニオ・バンデラス、マイケル・ダグラスら豪華なキャスト陣を脇役に、映画初出演にして主演に抜擢された『エージェント・マロリー』(9月28日公開)の主演、ジーナ・カラーノ。本作では、殺人の濡れ衣を着せられ、様々な刺客を返り打ちにしていく凄腕エージェントを演じているが、実は彼女、アメリカ女子総合格闘技界の女王の座に君臨する本物の“戦う女”なのだ! 今後も、『エクスペンダブルズ』シリーズのスピンオフ作品への出演が決定しており、ハリウッドでも“次代のアンジェリーナ・ジョリー”との呼び声高い注目女優だ。

スクリーンで傷だらけになりながも、強く・凛々しく・美しくを体現する“戦う女”たち。ぜひ、この秋は劇場で彼女たちにノックダウンされてみて。

ヤングスターが魅せるアクション映画【イケメン編】
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top