橋本愛、年上の男性との恋愛OK! 「基本は中身だと思います」

最新ニュース

『BUNGO〜ささやかな欲望〜』初日舞台挨拶
  • 『BUNGO〜ささやかな欲望〜』初日舞台挨拶
  • 『BUNGO〜ささやかな欲望〜』初日舞台挨拶
  • 『BUNGO〜ささやかな欲望〜』初日舞台挨拶
  • 『BUNGO〜ささやかな欲望〜』初日舞台挨拶
  • 『BUNGO〜ささやかな欲望〜』初日舞台挨拶
  • 『BUNGO〜ささやかな欲望〜』初日舞台挨拶
  • 『BUNGO〜ささやかな欲望〜』初日舞台挨拶
  • 『BUNGO〜ささやかな欲望〜』初日舞台挨拶
昭和の文豪たちの短編小説をオムニバス形式で映画化した『BUNGO 〜ささやかな欲望〜』が9月29日(土)に公開を迎え、各話にヒロインとしてに出演する石原さとみ、橋本愛、波瑠、水崎綾女が舞台挨拶に登壇した。

坂口安吾、宮沢賢治、林芙美子、三浦哲郎、永井荷風、岡本かの子という6人の作家たちの知られざる短編作品を山下敦弘、熊切和嘉ら気鋭の演出家、脚本家を迎えて映像化。年の離れた男女や思春期の男子中学生が年上の女性に抱くほのかな思いなど、様々な男女関係の機微が描き出される。

女優陣は作品にあわせて昭和風のレトロな衣裳で登場。「注文の多い料理店」に出演した石原さんは、冨永昌敬監督の下で宮迫博之(雨上がり決死隊)と共演。「冨永さんと宮迫さんとのお仕事ということでぜひやりたいと思った」と明かす。宮迫さんにオイルでマッサージされるシーンがあるが「宮迫さんはオイルが大嫌いらしくて、付けるのがイヤみたいでしたが頑張ってました。お笑いの方だからそういうの慣れてるかと思ったんですが…。嫌がって私の足でオイルをふいたことがあって、それが(本編に)使われてましたね」とおかしそうに明かした。

橋本さんは「鮨」でリリー・フランキーと共演。寿司屋の看板娘と彼女がほのかに思いを寄せる物静かな中年男性という関係だったが、「リリーさんが素敵な方で、すんなりと役同士で関係を持てて、(演じた)ともよの気持ちで恋させてくれました」と述懐。もしも、年上の男性に恋に落ちるなら何歳ぐらいまでOKか? と問われると「統計は取れてないんですが…」と苦笑しつつ、「基本は中身だと思います」と頷く。

波瑠さんは「幸福の彼方」で三浦貴大と夫婦役を演じた。妻役を演じるのは初めての経験だったが「新妻ということで私も家事とかできないし、そこはリアルだったかなと思います」と照れくさそうに明かした。

水崎さんは「乳房」に出演したが、「“乳房”って言葉自体、普段口にすることがないので、取材などで発するたびにドキドキしてました」と少し恥ずかしそう。近所に住む中学生が、水崎さん演じる理髪店の女主人にドギマギするさまが描かれるが、水崎さん自身は5人姉妹の中で育ったということで、「男の子と接する機会がなくて、何を話したら盛り上がるのか分からなかった」と困り顔だった。

『BUNGO〜ささやかな欲望〜』は「見つめられる淑女たち」「告白する紳士たち」の2篇にそれぞれ3話ずつを配し角川シネマ有楽町ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top