堺雅人、香川照之にエアガンで撃たれまくる! 「お芝居できないほど痛かった」

最新ニュース

『鍵泥棒のメソッド』ムビチケ販売全国No.1記念舞台挨拶
  • 『鍵泥棒のメソッド』ムビチケ販売全国No.1記念舞台挨拶
  • 『鍵泥棒のメソッド』ムビチケ販売全国No.1記念舞台挨拶
日本映画界を牽引する奇才・内田けんじ監督の最新作『鍵泥棒のメソッド』。インターネットで予約できる前売券“ムビチケ”の本作の販売総額が全国No.1を記録した兵庫県西宮市のTOHOシネマズ西宮OSにて、9月30日(日)に舞台挨拶を実施。内田監督と主演の堺雅人が登壇し、本作の見どころにもなっている“笑い”や撮影の裏話、キャストとのエピソードなどについてたっぷりと語った。

ある日、銭湯で転倒し記憶を失った伝説の殺し屋と、ひとりの売れない貧乏役者、2人の男の人生が入れ替わるところから始まる予想不可能なストーリーが、絶妙な笑いを生み出す本作。

本州を台風17号が直撃し多くの交通機関が乱れた日でもあっただけに、堺さんは開口一番「大変な日に大丈夫ですか? お帰りの足は…」と来場者を気遣いつつ、「映画をご覧いただいたみなさんの上気したお顔を見られるのが、役者にとって望外の喜びです。ありがとうございます」と、この日会場に詰めかけた観客を前に喜びの思いを口にした。内田監督も「本当に今日はとんでもない日にありがとうございます」と感謝の言葉を述べ、「(劇中で演じた)桜井とまったく違ったしっかりした挨拶をなさった堺さんとのギャップを楽しんでいただきたいと思います」とユーモアあふれる挨拶で会場の笑いを誘っていた。すると司会者から堺さんにまったくダメダメな桜井を演じるのはどんな気分だったか? との質問が。「案外素だったりして、いろんな方にヘタなお芝居が絶妙だったと言われるたびに、心の柔らかい部分が傷ついたりして…」と意外な本音を明かしていた。

劇中には香川照之演じる殺し屋・コンドウと堺さん演じる桜井の一騎打ちシーンがあったようだが、そのことについて堺さんが「あのシーンはエアガンが不調で、何度かお芝居できないほど本当に痛いこともありました。香川さんから『あれは笑いを堪えるのが大変だった』と言われました…」と撮影での苦労を明かすと、監督からは「本番で堺さんが突然『てめぇ!』としがみつくアドリブをして、香川さんが笑いを堪えるのが大変だったと言ってました。あれが唯一のこの映画のアドリブです。あのシーンは面白かったので6回やってもらいました(笑)」と思わぬ撮影の裏話も。そして最後には本作のさらなる大ヒットを目指して、西宮中央商店街のキャラクター“ふくみみ福ちゃん”が登場! 「階段が狭いので福ちゃんにとっては厳しい導線ですね」と堺さんは、自ら福ちゃんに手を差し伸べて舞台まで誘導するも、写真撮影に入ると、バランスを崩し登壇の台からあわや転落の危機! そんな福ちゃんに、監督からの「(頭を打ったら)記憶がなくなっちゃうよ」と本作にかけた一言で、会場は再び大きな笑いに包まれた。

『鍵泥棒のメソッド』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top