2013年のアカデミー賞司会者が決定! まさかのアニメクリエーターが大抜擢

最新ニュース

セス・マクファーレン
  • セス・マクファーレン
米人気TVアニメ「ファミリー・ガイ」のクリエイターであるセス・マクファーレンが、来年2月24日(現地時間)に開催が予定されている第85回アカデミー賞の司会に抜擢された。

同アワードではこれまでも、ビリー・クリスタルやスティーヴ・マーティン、ウーピー・ゴールドバーグなどコメディー色の強い人選があった経緯がある。今回、大抜擢されたセスは声明で「アカデミー賞授賞式の司会に抜擢されるなんて非常に名誉なことです。オファーを受けたとき、まずこれまでの司会者たちが築いてきた高い水準を全力で超えなければと思いました」と抱負を語っている。

また、アカデミー賞の総合プロデューサーを務めるクレイグ・ゼイダンとニール・メロンも「私たちはセス・マクファーレンをアカデミー賞の司会に迎えることができてとても嬉しいです。セスのパフォーマンス能力は、楽しくてフレッシュなショーを作りたいと考えている私たちのアイデアにぴったり合うと思います。セスは完璧な司会者になるでしょうね!」とセスの起用に期待感を示した。

セスはこれまで、エミー賞に13回、さらにグラミー賞では2回のノミネート経験を持ち、「ファミリー・ガイ」のほかにも「THE CLEAVELAND SHOW」(原題)、「American Dad!」(原題)などのヒット作を多く手がけるだけでなく、今年公開されたマーク・ウォールバーグ主演の最新コメディー作品『Ted』(原題)では映画監督デビューも果たしている。またセスは、米バラエティ番組「サタデー・ナイト・ライブ」のシーズン38で司会も務めるなどエンタメ界で幅広く活躍している。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top