ミラ・クニス「2012年の最もセクシーな女性」に選ばれ、セミヌードを披露

最新ニュース

ミラ・クミス
  • ミラ・クミス
ミラ・クニスが米「エスクァイア」誌から2012年の最もセクシーな女性に選ばれ、トップレスのセミヌードを披露した。昨年同誌から選出されたリアーナに代わり、今年はミラが「最もセクシーな女性」の栄冠に輝き、ミラは同誌に「仕事で見せる顔とプライベートの私は全然別物よ。これからもそうであり続けるでしょうね」と語った。

「セレブの多くは自分を見失ってしまって、自分の理想や他人から塗り固められた虚像に成り果ててしまうものよ」「それがどんな姿であれ、もはや自分本来の姿ではなくなってしまうわけ。この業界での自分の姿って、ほとんどはコメンテーターや監督や周囲の俳優たちが言っていることに左右されちゃうの。それでテレビを見てる人たちはそれが本当だって信じちゃって、私たち自身も他人が押し付けた姿にだんだんと近づいていってしまうのよ。だから私は仕事とプライベートの自分を意識的に分けているの」と明かした。

そんなミラは自身のキャリア以上に、両親からの教えを尊重していきたいとも続ける。「もし自分を型にはめちゃったら、きっとありのままの自分の姿を失ってしまうと思うし、いまの私があるのは両親があってのことで、両親の教育が私に染み付いているのに、それをも失ってしまうことになってしまうわ。そうはしたくないの。絶対ね。もし両親を誇りに思えなくなったら終わりだと思うわ」。

さらにミラは、自身が8歳のときに、両親が1991年の共産主義の崩壊と共に祖国・ウクライナを捨てた移民の過去についても「私自身が家族について語るのはすごい変な感じがするわ。だって私の両親にしか話せないことだもの。父と母は全てを投げ捨てて、地獄のような苦労を重ねてきたの。私は何もしてないわ。たったの8歳だったし、ただ両親についてきただけなの。でも、両親はいつも私に安心感を与えてくれた。祖国を去る決断は両親がしたもので、私がそれの責任とかそういう話をする権利はないわ。どんな移民も彼ら自身、それぞれの物語があるのよ」と感慨深げに話している。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top