『新しい靴を買わなくちゃ』桐谷美玲×綾野剛インタビュー 恋愛と男女の“甘え”

最新ニュース

『新しい靴を買わなくちゃ』桐谷美玲×綾野剛 / photo:Toru Hiraiwa
  • 『新しい靴を買わなくちゃ』桐谷美玲×綾野剛 / photo:Toru Hiraiwa
  • 『新しい靴を買わなくちゃ』桐谷美玲×綾野剛 / photo:Toru Hiraiwa
  • 『新しい靴を買わなくちゃ』桐谷美玲×綾野剛 / photo:Toru Hiraiwa
  • 『新しい靴を買わなくちゃ』桐谷美玲×綾野剛 / photo:Toru Hiraiwa
  • 『新しい靴を買わなくちゃ』桐谷美玲×綾野剛 / photo:Toru Hiraiwa
  • 『新しい靴を買わなくちゃ』桐谷美玲×綾野剛 / photo:Toru Hiraiwa
  • 『新しい靴を買わなくちゃ』桐谷美玲×綾野剛 / photo:Toru Hiraiwa
  • 『新しい靴を買わなくちゃ』桐谷美玲×綾野剛 / photo:Toru Hiraiwa
『新しい靴を買わなくちゃ』桐谷美玲×綾野剛インタビュー

「あんなに(思いを)伝えられないですし、行動力もない…あんなにかわいく甘えられないです!」と、桐谷美玲が自ら演じた役、スズメの性格について話すと、「全然甘えていいのに」と横でつぶやく恋人・カンゴ役の綾野剛。あまりにも自然な2人のやりとりは、まるで恋人同士そのもの。『新しい靴を買わなくちゃ』では、中山美穂と向井理演じる男女の、偶然の出会いから始まる大人な恋の傍ら、もう一つのラブストーリーが繰り広げられる。向井さん演じるセンの妹・スズメと、遠距離恋愛中の恋人・カンゴ。スズメは日本からはるばるパリへ、カンゴを訪ねにやってくる。いま旬な2人が演じる、キュートでちょっぴり切ない恋物語だ。

「『何をしても受け止めるから大丈夫だよ』って」(桐谷)

2人のストーリーは、スズメがカンゴのパリのアパルトマンを訪れるところから始まる。突然パリに現れた恋人を、カンゴは優しく迎え入れる。それは、演じる桐谷さんと綾野さんの現場での関係も同様だったと2人は話してくれた。
「『何しても受け止めるから大丈夫だよ』って。アドリブが多かったので、どうしよう、どうしようって思っていたんですけど、『カンゴとして、大丈夫だから』って言ってくれました」。桐谷さんの言葉に、「真っ当に言われると恥ずかしいですね。でも『全部受け止めるから』ってそういう想いでした」と綾野さんは照れた様子。
そう、驚くことに、2人のシーンはほとんどアドリブ! 桐谷さんはこう続ける。「あの空間にカンゴとしての綾野さんがいて、スズメとしての私がいると、自然とその空気に馴染むというか、そういう感覚になりましたね。綾野さんは裏表なく、本当にそのままの空気感ですごく引っ張っていってくれる。頼りがいがありますね」。

さらに、台本は「ガイドブックみたい」で、「役作りは現場で」と付け足す綾野さん。「日常の会話が多く、その中で何をしなくちゃいけないのか、台本以外のところにある。(台本は)あくまでガイドで、どこのレストランに入るかとか、どこの場所に自分が行くかとかは自分が選ぶという感覚でやっていました」。観客がきゅんとする、恋人同士の自然な空気感は、まさに“自然と”生まれていたものなのだ。「逆に役から離れている時間はなるべく一緒にいました。お昼休みのときも『ごはん食べに行くよ』みたいな感じで」とほほ笑む。ちなみに、パリでの仕事は初めてという綾野さん。「準備という意味ではなんとなくパリに慣れる、ということはしましたね」。

「素直なときこそ、女性が一番美しくなれる瞬間」(綾野)

そんな撮影現場でのエピソードを聞いていると、桐谷さんが北川悦吏子監督にずっと言われていたことがあったと教えてくれた。それは「スズメちゃんはほんとかわいい女の子だから!」という言葉。確かに、自分の思いをストレートに言える、素直なスズメは女性から見てもかわいい…そのシンプルなことが難しいのだけれど。綾野さんから見たスズメは? 「素直なときこそ、女性が一番美しくなれる瞬間だと思います。素直を我慢しているとどんどん感性とか感覚が劣化していく気がします。自己中心的な素直とは全然違う意味で、好きなものにちゃんと素直になれるっていうのはいいと思います」。

そして話はスズメからカンゴへ、さらに「男と女」の話へ、綾野さんは語る――。
「男と女は生命体として違いますからね。不安定なんですよ、男って。染色体もそう、女性はXXで男性はXY。だから基本的に女性には安定力があるし、肝が据わっているし、生命体としては圧倒的に強い。男は消耗品です。センも何かを失ってぽっかり空いた穴を自分では埋められず、やっぱり女性の包容力とかいろんなもので埋めて、もう一度立ち上がろうとする。都合よく言うとスズメがいたからカンゴがいる、スズメありきの人ですよね。帰る場所があるという安心感があったんでしょうね」。

インタビュー中も寄り添うようにしてお互いの話に頷く2人。桐谷さんと綾野さんの間に生まれる空気感が、そのままスズメとカンゴになり、スクリーンに映し出される。とびきりお似合いのカップルだ。
では最後に恋の質問をもう一つ、もし綾野さんがカンゴだったら遠距離恋愛する?
「やってみないと分からないですね!」



特集「パリ、恋、4人の場合」
http://www.cinemacafe.net/sweet/shoes/
《photo:Toru Hiraiwa》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top