『オズの魔法使』のギンガムチェックワンピースが、来月オークションに出品へ

最新ニュース

ライザ・ミネリ
  • ライザ・ミネリ
映画『オズの魔法使』('54)で主役のジュディ・ガーランドが着用したドレスが来月オークションにかけられることになった。

カリフォルニア州ビバリーヒルズにあるジュリアンズ・オークションズで開催される「アイコンズ・アンド・ドールズ2012:ハリウッド」の一環で来月出品されるのは、アメリカの女優で歌手のライザ・ミネリの母でもあるジュディが劇中で着た白と青のギンガムチェックのワンピースで、開始値は20万ドル(約1,570万円)と設定されているが、1日だけで落札価格が50万ドル(約3,900万円)にまで跳ね上がるものと見られている。

アメリカで1939年に公開された『オズの魔法使』用に複数の同ドレスが作られているものの、完璧な形で現存するオリジナルの衣装は今回オークションにかけられるただ1着のみだ。

そのギンガムチェックのワンピースは現在、ロンドンのスタッフォード・ホテルで展示されており、その後、現地時間の11月5日から9日までジュリアンズ・オークションズ内で展示される予定だという。

また先日には、『オズの魔法使』でドロシーが履いたルビーの靴が、ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)で10月20日から11月18日(現地時間)までの期間限定で展示されることが決定している。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top