【TIFFレポート】上地雄輔、榮倉奈々の“コメント泥棒”に苦笑い…

最新ニュース

『のぼうの城』舞台挨拶@第25回東京国際映画祭
  • 『のぼうの城』舞台挨拶@第25回東京国際映画祭
  • 『のぼうの城』舞台挨拶@第25回東京国際映画祭
  • 『のぼうの城』舞台挨拶@第25回東京国際映画祭
  • 『のぼうの城』舞台挨拶@第25回東京国際映画祭
  • 『のぼうの城』舞台挨拶@第25回東京国際映画祭
  • 『のぼうの城』舞台挨拶@第25回東京国際映画祭
  • 『のぼうの城』舞台挨拶@第25回東京国際映画祭
  • 『のぼうの城』舞台挨拶@第25回東京国際映画祭
野村萬斎が7年ぶりの映画主演を果たした歴史スペクタクル『のぼうの城』が10月23日(火)、現在開催中の第25回東京国際映画祭の特別招待作品として、TOHOシネマズ六本木ヒルズで公式上映され、萬斎さんを始め、共演する榮倉奈々、上地雄輔、芦田愛菜、共同メガホンをとった犬童一心監督と樋口真嗣監督が舞台挨拶に立った。

和田竜のベストセラーを原作に“のぼう様”こと成田長親(萬斎さん)の指揮の下、わずか500の兵で石田三成(上地さん)率いる豊臣方の2万の大軍から、城を守りきった忍城(おしじょう)の史実を映画化。企画から公開まで約7年の歳月を要した超大作で、萬斎さんは「オファーをいただいたのが30代後半で、撮影をしたのが40代前半。やっと公開されることになり、私も40代後半になった(笑)。長い時間寝かせた分、芳醇な香りが沸き立つ作品になった」と誇らしげに挨拶した。

榮倉さんが「東京ドーム20個分の土地に、壮大なオープンセットが建てられビックリ…」と撮影をふり返り始めると、隣に立つ上地さんはなぜか悔しそうな表情。なんと上地さんもまったく同じエピソードを話そうとしていたそうで「それ、言っちゃう?」と、榮倉さんの“コメント泥棒”に思わず苦笑いだ。それでも「ここにいる監督2人が撮影中とても仲良くて、“コッチ”なんじゃないかと思うほどだった」と面白コメントで名誉挽回。会場の爆笑を誘っていた。

キャスト陣が和装姿でステージ上を彩る中、一際目を引いたのが愛菜ちゃん。読書家としても知られる愛菜ちゃんは「この映画に出られたおかげで、歴史に興味を持つようになりました」とニッコリ。農民の子を演じ、撮影では濃いファンデーションで土汚れが施され「自分の体(の色)がどんどん濃くなっていくのが楽しかった」と無邪気に語っていた。

この日は東京国際映画祭という“国際舞台”にちなんで、劇中でライバル同士を演じた男優陣2人が外国語でのスピーチ対決を実施し、その熱意を和装姿の榮倉さん&愛菜ちゃんが厳しく判定。萬斎さんが得意の英語で、上地さんが覚えたてのフランス語で自己紹介や作品のアピールを行った結果、見事に萬斎さんが勝利を収めた。

『のぼうの城』は11月2日(金)より全国にて公開。

第25回東京国際映画祭は10月28日(日)までTOHOシネマズ六本木ヒルズほかにて開催中。

特集「東京国際映画祭のススメ2012」
http://www.cinemacafe.net/special/tiff2012/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top