タナダユキ監督、大胆濡れ場を演じた田畑智子は「本当に男前でした」

最新ニュース

『ふがいない僕は空を見た』女性限定トークショー(タレント、エッセイスト・小島慶子/監督・タナダユキ/作家・窪美澄)
  • 『ふがいない僕は空を見た』女性限定トークショー(タレント、エッセイスト・小島慶子/監督・タナダユキ/作家・窪美澄)
  • 『ふがいない僕は空を見た』女性限定トークショー(タレント、エッセイスト・小島慶子)
  • 『ふがいない僕は空を見た』女性限定トークショー(映画監督・タナダユキ)
  • 『ふがいない僕は空を見た』トークショー(作家・窪美澄)
『百万円と苦虫女』で知られる気鋭、タナダユキ監督が10月23日(火)、4年ぶりとなる新作『ふがいない僕は空を見た』の女子限定試写会に出席し、原作者の窪美澄、タレントでエッセイストの小島慶子と共に“女子会トーク”に花を咲かせた。第37回トロント国際映画祭にも出品された注目作。赤裸々に“性”と“生”を描き出し、女性読者を中心に高い人気を集め、2011年本屋大賞2位、第24回山本周五郎賞を受賞した同名小説を映画化した。

主演を務めるのは若手注目俳優の永山絢斗と、実力派女優の田畑智子。母子家庭で育った高校生・卓巳(永山さん)とアニメ好きの主婦・あんず(田畑さん)が偶然の出会いから体を重ね合わせる姿を通して、孤独を埋め合う2人と周囲の人々の苦しみ、葛藤を映し出す。R-18指定を受けた本作で主演の2人は、コスプレに興じての大胆な濡れ場を演じており、タナダ監督は「永山くんは感情を表に出すタイプではないので、逆に何のケアもなく撮影を始めた。田畑さんは本当に男前でした。何か迷いや悩みがあるか聞いても『何もありません』って…。肩の力が抜けて、こっちが安心できた」とふり返る。

窪さんは原作者の立場から「観終わってしばらくは感想が出てこなかった。小説という自分の頭の中の妄想がリアルに再現されるドキドキ感を味わった」とコメント。理屈だけでは説明できない登場人物たちの行動について「不可解な要素こそが、人物像に奥行きを与えてくれる」と説明すると、タナダ監督も「たとえ周りが理解できなくても、人それぞれ“正しい”と思って行動しているもの。そんな原作の視点は大切にしたかった」と頷いた。

小島さんは「コスプレしているあんずは一見、不思議ちゃんに思えるが、特に女性は社会に出たり、家庭に入ったりするたび精神的なコスプレをしているもの」と分析。「人はみんな生き延びるために、物の見方を歪めて、時には過ちも犯す。それが正しいことか、神聖なことか分からないが、生きていることは“いいこと”だと思う」と語っていた。

『ふがいない僕は空を見た』は11月17日(土)よりテアトル新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top