『007』シリーズ生誕50周年を祝うロイヤルプレミアに、チャールズ皇太子が出席!

最新ニュース

『007 スカイフォール』ロイヤルプレミア -(C) 2012 Columbia TriStar Marketing Group, Inc. All Rights Reserved.
  • 『007 スカイフォール』ロイヤルプレミア -(C) 2012 Columbia TriStar Marketing Group, Inc. All Rights Reserved.
  • 『007 スカイフォール』ロイヤルプレミア -(C) 2012 Columbia TriStar Marketing Group, Inc. All Rights Reserved.
  • 『007 スカイフォール』ロイヤルプレミア -(C) 2012 Columbia TriStar Marketing Group, Inc. All Rights Reserved.
  • 『007 スカイフォール』ロイヤル・プレミア -(C) 2012 Columbia TriStar Marketing Group, Inc. All Rights Reserved.
  • 『007 スカイフォール』ロイヤルプレミア -(C) 2012 Columbia TriStar Marketing Group, Inc. All Rights Reserved.
  • 『007 スカイフォール』ロイヤルプレミア -(C) 2012 Columbia TriStar Marketing Group, Inc. All Rights Reserved.
  • 『007 スカイフォール』ロイヤルプレミア -(C) 2012 Columbia TriStar Marketing Group, Inc. All Rights Reserved.
1962年にショーン・コネリーが初めてボンドを演じたシリーズ第1作から今年で生誕50周年を迎える、『007』シリーズ。“6代目ジェームズ・ボンド”のダニエル・クレイグ主演で贈る最新作『007 スカイフォール』の日本公開に先立ち、10月23日(現地時間)、『007』誕生の地・イギリスにてロイヤルプレミアが開催された。

『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデス監督がメガホンを握った本作。“MI6”の壊滅を目論む元MI6エージェントとボンドとの壮絶な闘い、そしてボンドの上司“M”が封印していた知られざる過去が紐解かれる。

今回のイベントは、前作『007/カジノ・ロワイヤル』でのエリザベス女王、『007/慰めの報酬』でのウィリアム&ヘンリー両王子の臨席に続いて、チャールズ皇太子、カミラ夫人が臨席してのロイヤルプレミア。会場となったロイヤル・アルバート・ホールでは、この記念すべきイベントのために鼓笛隊の演奏でゲストを出迎えたり、特設ステージでは本作で久々の登場となるみんなの憧れ“ボンドカー”ことアストン・マーチンDB5が設置され、出席したゲストたちはその豪華な演出に目を輝かせていた。

この日のダニエルは、お馴染みのタキシードに身を包み、アストン・マーチンではなく、レンジローバーに乗って会場に到着。沿道に詰めかけた約2,000人のファンの大歓声に応えながら、「いままでで一番豪華なプレミアだと思う。(作品は)みんなが全力を尽くし、また監督のサム・メンデスが素晴らしい働きをしてくれたお陰で、最高のボンド映画になった!」とコメントし、ファンのボルテージは最高潮に盛り上げた。また、ダニエルと共にハビエル・バルデム、ジュディ・デンチ、レイフ・ファインズ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ベレニス・マーロウ、サム・メンデス監督、プロデューサー陣らもレッドカーペットを歩いた。

その後、一同は劇場前でチャールズ皇太子&カミラ夫人をお出迎え。ダニエル以上(?)の歓声が上がり、英国王室の人気のほどを伺わせた。ご夫妻は一人一人と丁寧に挨拶を交わしながら、50年もの間愛され続ける本シリーズと最新作の公開を祝福していた。

『007 スカイフォール』は12月1日(土)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top